ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で不動産を購入したい|必要な諸費用とは◆

◆伏見区で不動産を購入したい|必要な諸費用とは◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/10/28 06:00

「現在、伏見区で不動産を購入したいと考えているが、不動産の購入にはどういった費用がかかるのか知りたい」
このようにお考えの方も多いかと思います。
どれくらいの予算がどんなことにかかるのかを事前に把握できていないと、予算を立てられませんよね。
そこで今回は、不動産購入にかかる諸費用に関して解説します。

□物件
不動産購入を検討している方が最も気になるのが、そのものの価格だと思います。
これは、不動産会社が皆さんに対して提示してくる物件の価格で、この金額の総額を最終的には全て支払うことになります。
しかし、一括で支払う場合やローンを組んで支払う場合によって、いつにどれくらいのお金が必要になるかは異なるので、物件を購入したいのであれば、この金額全てが即時に必要なわけではありません。

□頭金
頭金とは、物件を購入する際にその購入価格全体のうち、現金で支払う一部のお金のことです。
これは、先程お伝えした物件そのものの費用なので、別途かかる諸費用ということではありません。
頭金に相場はありませんが、一般的に購入する物件の価格の10%~20%を頭金として支払うことになります。
ローンを組んで物件の購入をしようと考えている方は、この頭金をできるだけ多めに支払うことによって、ローンの融資額が少なくなるので、返済に余裕を持てます。

□仲介手数料
不動産会社の仲介によって物件を購入した場合にかかる費用なので、新築住宅を購入する場合にはかからないことが多いです。
しかし、物件によって異なるので確認するようにしましょう。
賃貸のほとんどの場合はこの費用がかかり、費用は1ヶ月の賃料の半分程度です。

□登記の費用
登記とは、購入した土地や建物を所有している人の住所、氏名を記載する手続きのことです。
また、住宅ローンを利用する際には、その物件が担保になっていることを証明する抵当権設定登記も必要になります。
この抵当権設定登記ができていることで、銀行は安心して物件を担保に融資できるのです。

この登記を司法書士に依頼した場合の報酬は、5万円から10万円程度必要になります。

□まとめ
今回は物件購入に必要な様々な諸費用に関して解説しました。
これら以外にも引っ越しを考えている方であれば、その費用や新しく購入する家具、家電の費用も必要になってきます。
そのため、不動産購入を検討している場合は、予算にある程度余裕を持たせて設定してみてください。
また、たくさんの悩みがあるかと思いますが、そういった場合は一度不動産会社に相談して専門家の意見を聞いてみてください。

ページトップへ