ホーム  >  スタッフブログ

「スタッフブログ」の記事一覧(67件)

京都の伏見区にあるおすすめなお花見スポットをご紹介いたします!
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/09/22 06:00

「京都の歴史や文化に興味があって、住んでみたい。」
「実際に伏見区にはどんなスポットがあるのだろう。」
このようなお悩みをお持ちの方は、たくさんいるのではないでしょうか。
実際に、伏見区にはお花見が有名なスポットがたくさんあるため、世界中からたくさんの方が観光しに来られます。
そこで今回は、京都の伏見区にあるおすすめのお花見スポットについてご紹介していきます。

□伏見稲荷大社
やはり、まずご紹介するのは、伏見区を代表するスポットである伏見稲荷大社です。
外国人に人気の観光スポットとして、昔から愛されている場所です。
京都の観光地として人気のこのスポットは、朱色の建物や鳥居が魅力溢れる名所であり、桜
が満開の時期には、伝統的な雰囲気漂う空間とともに、春の訪れを感じることができます。
アクセスは、JR奈良線「稲荷」駅より徒歩0分、または、京阪電車「伏見稲荷」駅より徒歩5分となります。
駐車場もございます。

□藤森神社
「勝ち運と馬の神社」として有名な藤森神社です。
中でも、あじさい祭りのような勝負ごとが栄えており、年中たくさんの観光客がお越しになります。
祭典で溢れている藤森神社ですが、花見の時期には満開の桜が一面に広がります。
そして、藤森神社には伏見の名水である「不二の水」が湧き出ております。
この不二の水付近にも桜が咲き、風情ある景色を楽しめるでしょう。
アクセスは、京阪「藤森」「墨染」駅より徒歩8分です。
駐車場もございます。

□墨染寺
桜寺と呼ばれているように、春の時期にはぜひ訪れていただきたい隠れた伏見の名所です。
墨染寺には、薄墨色をした墨染桜が境内の景色をピンク色に染め、花見に最適なスポットとしておすすめです。
満開のシーズンになると、小さなお寺の周辺に華やかな景色が演出されます。
上野峯雄が、藤原基経の死を歌にして詠んだところとしても有名で、京都の文化や歴史に興味がある方は、ぜひ一度その様子をご覧になっていただきたいです。
アクセスとしては、京都本線「墨染駅」より徒歩3分のところにあります。
拝観料は境内無料になります。
拝観時間は、7:00~17:00です。

□まとめ
今回は京都の伏見区にあるお花見スポットについてご紹介してきました。
京都には、日本の歴史や文化を知れるスポットがたくさんあります。
そのため、京都でしか味わえないことを中心に、お花見スポットをお探しになってはいかがでしょうか。
当社は上記以外のお花見スポットも提案いたしますので、興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

京都市で子育てしよう!伏見区の子育て支援制度について
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/09/18 06:00

「京都市の伏見区で子育てを始めたい!」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
子育てをしていると、嬉しいこともたくさんありますが、同時に悩んだりストレスを感じることもたくさんあるのではないでしょうか。
そんなときに支えてくれる場所があったら良いですよね。
実は、伏見区は子育て支援を行っています。
今回は、京都市伏見区における子育て支援についてご紹介します。

□子育て支援関係機関・団体 (伏見区醍醐地域)
京都市伏見区は様々な方法で子育てを支援してくれます。

*保育所
醍醐地域には「醍醐保育園」「石田保育園」など16の保育所・認定こども園があります。
保育園によっては、「時間外保育」といって11時間以上の保育を受け付けているところや、標準保育時間が11:00-22:00と遅めの「夜間保育」、日曜日や祝日でも保育してくれる「休日保育」を行っているところもあります。

*小規模保育事業所
産休明けから2歳までのお子様を里親さんが保育してくれるという制度もあります。
保育所よりもそれぞれのお子様をしっかりとみてくれるのがうれしいポイントです。

*児童館
18歳未満の児童とその保護者が自由に利用できる施設です。
小学校低学年で、放課後に保護者が家にいない児童は「学童クラブ」に入って児童館で過ごすことが出来ます。
仕事の都合で家を空けなければいけないという保護者の方も安心ですね。

*幼稚園
醍醐地域には「小野幼稚園」と「石田幼稚園」という2つの幼稚園があります。
3歳から5歳までの幼児を保育してくれて、入園すると補助金を受けられることもあります。

*子育て支援活動いきいきセンター
子育てアドバイザーさんが子育ての相談に乗ってくれたり、子育てに関連した講座が開講されたりしています。
悩むことがあったら、アドバイザーさんに相談してみてはいかがでしょうか。

□「子どもはぐくみ室」とは?
伏見区役所では「子どもはぐくみ室」という、子育てのことを気軽に相談できる拠点を設けています。
ここでは子育ての相談だけでなく、市や区が行っている子育て支援に関する制度やサービスについての相談も承っています。
この伏見子どもはぐくみ室は、平日の8:30から17:00まで開いています。
カウンセリングを利用することで、子育てでかかるストレスを少しでも軽くしてみてはいかがでしょうか?
個人情報はきちんと守られるのでご安心ください。

□最後に
今回は、京都市伏見区における子育て支援についてご紹介しました。
伏見区では、子育てのための施設も充実していますし、相談できる場所を提供してくれてもいます。
伏見区は、子育てにとても協力的な街であるとお分かりいただけたのではないでしょうか。

◆伏見区の交通アクセス事情!主要駅へのアクセスも抜群です◆
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/09/14 06:00

「交通の便はどうなんだろう」
伏見区に新しく引っ越そうと考えている方にとって、交通の便について気になるのではないでしょうか。
今回はそんな方向けに、伏見区の交通アクセスについてご紹介します。

□伏見区の交通アクセス|使用されている公共交通機関
伏見区で主に使用されている公共交通機関について見ていきましょう。

*JR(奈良線)
JR奈良線では、「稲荷駅」「JR藤森駅」「桃山駅」があります。

*地下鉄(地下鉄烏丸線、地下鉄東西線)
地下鉄烏丸線では「竹田駅」「くいな橋駅」、地下鉄東西線では「石田駅」「醍醐駅」があります。

*私鉄(京阪本線、京阪宇治線、近鉄京都線)
京阪本線では「丹波橋駅」「伏見稲荷駅」「淀駅」「中書島駅」「藤森駅」「深草駅」「伏見桃山駅」「墨染駅」、京阪宇治線では「中書島駅」「六地蔵駅」「桃山南口駅」「観月駅」、近鉄京都線では「竹田駅」「近鉄丹波駅」「桃山御陵前駅」「伏見駅」「向島駅」「上鳥羽口駅」が伏見区の範囲内にあります。

これまでずらっと駅の名前を並べてきましたが、突然言われても把握しきれませんよね。
伏見区内には鉄道の駅がこれほど多く存在しているということです。
また、京都市内を巡る「京都市バス」や「京都バス」なども通っているため、市内を移動する際に非常に便利な交通機関でしょう。

□伏見区の交通アクセス|主要な駅との関わり
京都駅や大阪駅などの主要な駅とどのように繋がっているのかについて見ていきましょう。

*京都駅
鉄道を使用した際に、伏見区内から京都駅に向かうためにかかる時間は最長で30分ほどであり、最短で一駅の移動で済むため、非常に便利な立地であると言えるでしょう。

*大阪駅
つぎに大阪駅についてです。
JRを使って、「稲荷駅」から「大阪駅」へ向かうために必要な時間は50分強であり、交通費は片道1000円以下となります。
また、京阪本線を使って「淀駅」から「大阪駅」に向かうために必要な時間はこちらも50分ほどで、交通費は片道500円強です。
ここではあくまでも例として伏見区内の2つの駅を出しましたが、伏見区内の駅と大阪駅間は鉄道を使って1時間程度で移動できるということを知っておくと良いのではないでしょうか。

□まとめ
今回は、伏見区の交通アクセスについて、主に鉄道に着目してご紹介しました。
公共交通機関が十分に整備されており、かつ主要な駅との行き来も便利な立地である伏見区。
伏見区に住んで、移動へのストレスフリーな生活を送りましょう。

◆住む前に知っておきたい!伏見区醍醐の周辺情報とは◆
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/09/10 06:00

伏見区は、生活に便利な施設はもちろん、観光としても訪れられるスポットがいくつかあり、とても住みやすいところです。
京都での暮らしを検討している方におすすめしたい場所です。
そこで今回は、おすすめしたい街、伏見区の醍醐周辺の情報をお伝えします。

□醍醐周辺のスポット
*醍醐寺
醍醐寺は、世界遺産に登録されている真言宗醍醐派の総本山です。
国宝である金堂、京都最古の木造建築である五重塔、寝殿造と書院造が特徴的な桃山建築の三宝院など見どころが満載です。
広い庭園は豊臣秀吉が設計したとされており、特別史跡に指定されています。
また、春になると鮮やかな桜が一面に咲いています。
その時期は、特に桜をひと目見ようと訪れる方が多く賑わっています。

*アルプラザ
広い駐車場があり、交通の便も良いショッピングモールです。
アパレルショップや家電専門店、レストランやスーパーなど様々なショップが揃っており、家族や友人など誰と行っても楽しむことができます。
通常営業時間は朝の10時から夜の9時までです。

*善願寺
天台宗のお寺であり、行基が地蔵尊を本尊としたと言われています。
腹帯地蔵の名で親しまれており、安産祈願をするために訪れる人が多いです。
このお寺の一番の魅力は120面に分かれている天井画です。
拝観する際は予約をしておくと良いでしょう。

*パセオ・ダイゴロー
ショッピングセンター、中央図書館、地域体育館などが充実した公共複合施設です。
小さい子からお年寄りまで、多くの地域の人に利用されています。

閉館日時は以下の通りです。

醍醐中央図書館
時間:平日 10:00~20:30/土日・祝 10:00~17:00
休館日:火曜日

醍醐地域体育館
時間:9:00~21:00

*醍醐総合庁舎
伏見区役所醍醐支所や醍醐消防分署などの住民サービスの拠点です。

□まとめ
今回は、伏見区の醍醐周辺の情報をご紹介しました。
醍醐は特に歴史的スポットが多く、落ち着いた京都らしい街並みが特徴的です。
穏やかな生活を送りたい方におすすめしたいところです。
ぜひ、京都での暮らしをお考えの方は醍醐に住むことを検討してみてはいかがでしょうか。
京阪藤森駅前にあるアフィックス住宅販売は、賃貸、売買、一戸建て、マンション、土地に関しての不動産情報に詳しく、お客様のご要望に合った不動産をご紹介しています。
伏見区で物件をお探しの方はぜひ、アフィックス住宅販売へご相談ください。
お問い合わせお待ちしております。

◆【伏見区の不動産会社が解説】京都市伏見区の治安や口コミを解説します!◆
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/09/05 10:21

「伏見区に住んでみたいけど、治安は良いのかな?」

「実際に住んでいる人の口コミを参考にしたい!」

不動産売買の場所を考える際に知りたいのが、その土地の雰囲気ではないでしょうか。

そこで、今回は伏見区のことをもっと知りたい方必見の伏見区の治安や口コミについてご紹介します。

 

□治安について

伏見区はとても広いので、中には治安が悪いと言われている地域も存在していますが、全体的には住みやすい街です。

危険な地域は夜になると街灯が少なく暗い場所や、人通りが少ない場所などが挙げられます。

しかし、観光地も多い伏見区は国道沿いや住宅街にコンビニエンスストアがたくさんあるので、夜に暗くなる危険な地域は比較的少ないと考えられます。

さらに、観光地が多い地域なので、昼間は多くの旅行者が観光をしています。

そのため、犯罪者からすると入りづらい地域であると言えます。

夜に外出する際は、人通りの少ない道を通らずに大通りを使うにしましょう。

また、暗い道ではなく街灯や店舗の灯りがあるような明るい道を選択することで、未然に危険を防ぐことができます。

 

□口コミについて

ここでは、実際に伏見区に住んでいる方々の口コミをご紹介します。

 

*良い点

伏見区はJR線、京阪線、京都市営地下鉄、近鉄線という4つの路線が通っており、住む地域によってはほとんど電車に困りません。

伏見稲荷大社の近くに住んでいる方で日常的に体を動かしたい人は、夜のランニングを観光名所で行うことができるのを良い点として挙げる方もいらっしゃいます。

商店街が近くにある地域に住んでいる方は日用品雑貨やスーパー、カフェやベーカリーなどが並び立っているので、普段使いするものの調達には困らないようになっています。

最後に、伏見区には有名な日本酒の酒蔵が集まっている地域があります。

酒蔵が集まっている地域は昔からの景観が残っており、風情のある地域でおいしい日本酒をゆっくり飲めるようになっています。

 

*悪い点

伏見区はとても広い地域なので街中から外れると、交通の便が悪くなる地域もあります。

また、日中の人混みが苦手な方には観光地の近くに住むこと避けた方がいいかもしれません。

 

□まとめ

以上、伏見区の治安や口コミについてご紹介しました。

この記事を読んで、元々みなさんが伏見区に対して持っていたイメージと異なる新しい発見があったのではないでしょうか。

今回の記事を参考に、伏見区で不動産を売買することについて検討してみてください。

また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。

何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

◆伏見区で一人暮らし|賃貸の探し方のコツを紹介◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/09/03 09:48

「もうすぐ一人暮らしを始めるが、どうやって賃貸を探したらいいのか分からない」

こういった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

                                                    

特に初めて賃貸を借りるという方は、分からないことだらけですよね。

 

そこで今回は、伏見区で一人暮らしを始める方に、賃貸の探し方のコツを紹介します!

 

□どんな要素が欲しいのかを明確にする

 

物件を探すと言っても、探し始めるとかなり多くの物件が出てきて、本当に皆さんにあった物件をその中から見つけるのはかなり難しくなります。

 

数多くある物件の中から皆さんにピッタリの物件を見つけるためには、事前に皆さんの求める条件を明確にすることが大切です。

そうすることによって、不動産会社に相談するときも、自身で検索するときにも物件を探すのが簡単になります。

 

一方で、すべての条件が揃っていると家賃が高額になってしまうこともあるので、求める条件の中でこれだけは外せない、といった優先順位を決めておくことも大切です。

絶対外せない要素を持っている物件を探し、譲れるポイントは譲って家賃を抑えるというのも賃貸物件探しのコツです。

 

□部屋の位置や方角

 

賃貸物件を探すときに、賃貸の条件ばかりでその部屋の位置や方角をあまり気にせず物件を選んでしまうと様々な問題が起こる可能性もあります。

人通りが多い道路に面している場合であれば、夜遅くになっても物音や騒音によって静かに休むことができないこともありますし、北側の物件は太陽の光が入ってこないので、一日中暗い部屋になってしまう可能性もあります。

 

住む前はあまり気にしていなかったけど、実際に住んでみるとやっぱり静かで明るい部屋にすればよかったと思うことが多いです。

 

契約をする前にどれくらい実際の生活をイメージできるかが重要になってきます。

 

□周辺環境

 

周辺環境を考えるときに市街地にできるだけ近かったり、駅に近かったりということをまず考える方が多いと思いますが、実際に暮らし始めると、病院や薬局、スーパーといった施設が近くにあるかどうかで普段の暮らしが便利になったり不便になったりします。

徒歩や自転車で10分~15分以内にこういった施設があるかどうかを確認することも大切です!

 

□まとめ

 

今回は賃貸物件の探し方のコツに関してお話ししました。

新生活を始めるときは、様々な不安があると思いますが、少しでも快適に新生活をスタートさせるためにも物件探しの段階でどんなところに住みたいのかということをじっくり検討してください!

◆必見!伏見区の周辺にある人気の穴場観光地をご紹介します!◆
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/08/30 13:19

これから伏見区で一人暮らしを始める方が気にするのは周辺にある観光地ではないでしょうか。

せっかく京都に引っ越しをして住むのですから、その地域を満喫したいですよね。

 

そこで今回は、伏見区周辺にある穴場の観光地をご紹介していきます!

 

□伏見稲荷大社

 

京都の観光地として人気なのはやはり伏見稲荷大社です。

映画のロケ地としても使用されることもあり、京都に観光や旅行に来る方の多くが立ち寄る場所です。

 

赤い鳥居が続く幻想的な風景を一目見たいと、全国各地から多くの観光客が訪れますので、京都に引っ越すという方は行っておきたい場所です!

 

□南禅寺の水道橋

 

南禅寺の水道橋は全長93メートルにも及ぶ、東山の風景に溶け込んだ美しい橋です。

現在の多くの橋はコンクリートで造られていますが、レンガで造られたこの橋の美しさはなかなか見られるものではありません。

 

□等持院

 

等持院は京都市北区にある歴史を感じられるスポットで、京都ならではの歴史を感じることができます。

広くて美しい庭園があり、寺院には庭園を眺めながらお茶を飲めるスペースもあります。

 

□ドゥリムトン村

 

京都と言えば和風で奥ゆかしい風景が特徴ですが、実はイギリスの街並みを忠実に再現した場所があります。

ドゥリムトン村は、亀岡市にあり、村という名前ですが建物は5棟あり、その一つ一つがしっかり作り込まれた、作り手のこだわりを感じる空間です。

京都にイギリスの街並みを味わえるスポットができたということで一時話題となり、たくさんの観光客が訪れるようになりましたが、現在は一息つけるようなリラックスできる空間となっています

 

□嵐山

 

かつての嵐山は貴族の別荘地として人気があった場所で、その雰囲気が今でも残っています。

嵐山の竹林の道は両側に竹が生い茂っており、京都嵐山を代表する観光スポットです。

風により生じる葉音が心地よく、すがすがしい青緑と木漏れ日が織り成す空間はまるで別世界のように幻想的です。

また、渡月橋は、大堰川にかかる橋で、春には桜を見れる絶景ポイントです。

 

□京都府立植物園

 

京都府立植物園は静かで落ち着いた雰囲気の北山にある、広大な土地を持つ植物園です。

日本最古の公立総合植物園であり、春には数多くの桜が咲き、夜にはライトアップもあるので、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

 

□まとめ

 

今回は伏見区の周辺にある穴場観光スポットを紹介しました。

どれも一度は行ってみたいスポットばかりです。

一度訪れてみてはいかがでしょうか!

◆京都市で賃貸を借りる|契約書のトラブルを防ぐ方法◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/08/26 12:08

「もうすぐ一人暮らしを始めるけど、賃貸を借りるときの契約が不安」

賃貸を借りる際には、物件選びも大切ですが、住む物件を決めた後の契約や契約書の手続きでも様々なトラブルが起きてしまう原因になる可能性があります。

 

そこで今回は、契約書のトラブルを防ぐための方法をご紹介します。

 

□賃貸借契約の流れ

 

これから住む物件を決めたら、まず不動産会社から重要事項の説明があります。

その内容に合意すれば、説明書に署名、捺印をすることになりますが、この段階ではまだ契約は成立していません。

その後、不動産会社から提示される賃貸借契約書に署名、捺印すると契約が成立します。

 

ここで注意するべきポイントは、実際の契約の効力があるのは賃貸借契約書で、後に不動産会社からの説明とは異なる内容を発見しても、契約書の内容が優先されます。

 

そのため、契約書にサインをする前には入念な内容の確認が必要であり、分からない点に関しては担当者の方に質問することが大切です。

 

□契約書で確認すべきポイント

 

*違約金、更新料

 

元々の予定とは異なり、物件を早い時期に出ていくことや、契約期間を更新することもあるかと思いますが、そういったときにかかる費用は契約書に書かれています。

 

*物件の確認

 

契約書の冒頭には、これから借りる物件の名称や住所が書かれています。

まずここに書かれている物件が、皆さんが借りようとしている物件と合致しているのかということを確認してください。

根本的なことではありますが、借りる予定の物件と違う物件を借りることになってしまっては本末転倒ですよね。

 

*契約期間とその他の費用

 

契約期間は2年と設定されている物件が多くなっていますが、これは必ず2年住まないといけないということではありません。

その他には、家賃以外の敷金、礼金、家賃の支払い方法などが記載されているので、どれくらいの費用がどんな形でかかるのかをしっかりと把握しておいてください。

 

*管理業者と大家さんの連絡先

 

契約後、実際に住み始めてからトラブルが発生したときにどこに連絡をすればいいのかということも把握しておく必要があります。

物件の設備や同じ建物に住む住人による迷惑行為など、入居してから様々な問題が起こる可能性があるので、そういったときにどこに連絡をすればいいのかということを把握しておくのは安心して暮らすためにも大切です!

 

□まとめ

賃貸の契約を行うことに慣れていないという方がほとんどだと思いますが、契約後に問題が発生してしまわないように、契約の際には注意事項をしっかり確認してください!

◆伏見区で賃貸を借りる|物件選びを失敗しないためのポイント◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/08/22 11:44

「一人暮らしを伏見区で始めることになったけど、どんな物件にしたらいいのか分からない」

初めて賃貸を借りるという方は、どんなポイントに注意して物件選びを行えばいいのか分からないですよね。

 

そこで今回は、伏見区で賃貸をお探しの皆さんに、失敗しない物件選びのポイントに関してお話しします。

 

□初期費用をしっかり検討する

 

物件を探すときに皆さんが注意して確認するのは家賃がいくらかかるのかということだと思います。

予算を考える上でどれくらいの家賃であればしっかりと払うことができるのかということをしっかりと考える方は多いと思いますが、物件を借りる際は様々な初期費用がかかってきます。

引っ越し業者や保険、敷金など、こういった費用にどれくらいかかるのかもしっかり意識してください。

 

□部屋の広さ

 

気になる物件が見つかれば下見を行うことになると思いますが、その時にどんな家具をどこに置くのかということまでしっかりとイメージすることが大切です。

家具を置いてみると思っていたよりも部屋が狭くなってしまい、暮らしにくくなってしまうこともあります。

家具以外のスペースがどれくらい欲しいのかを考えることも大切です。

 

部屋の広さ以外にも、その部屋の構造が皆さんの暮らしに合うのかということを意識してみてください。

 

□部屋の方角

部屋を選ぶ際に南側なら日当たりがいいと思って選んでも、南側に大きな建物があればそれほど光は入ってきません。

また、窓を開けると隣接する建物と近く、カーテンを開けておくと外から中が丸見えになってしまうということもあります。

 

単に方角だけを意識するのではなく、周辺の建物にも気を配ってください。

 

□周辺環境

駅からできるだけ近い物件がいいと思って選んでも、電車の音がうるさかったり、人通りが多くて夜でも騒がしかったりと、必ずしも駅から近いと暮らしやすいということではありません。

また、風邪をひいたときには近くに病院があると便利ですし、自炊をするつもりの方は近くにスーパーがあると便利です。

 

こういった周辺の環境にもしっかりと目を配って物件を選んでください。

 

□まとめ

 

今回は物件選びで失敗しないためのポイントを紹介しました。

物件選びは面倒な手続きが多かったり、引っ越しの準備が忙しかったりするので、あまり時間をかけずに選んで失敗すると後悔することも多いです。

 

どんな物件に住みたいのか、どれくらいの予算ならいいのかということをしっかりと考えて新生活を快適にスタートさせてください。

◆伏見区で賃貸に住む|納得する部屋選びのポイントとは◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/08/19 09:37

様々な事情があって、伏見区への引っ越しを検討されている方もいらっしゃると思います。

一人暮らしをしたことがないという方は、どういったポイントに注意して部屋選びをすればいいのかわかりませんよね。

特に女性の場合、できるだけ安心できる場所がいいですよね。

 

そこで今回は、伏見区で賃貸を探している方に、部屋選びのポイントに関して解説します!

 

□安心できる賃貸とは

 

部屋選びの大きなポイントのひとつが安全性ですよね。

そこでいくつか安心できる条件を紹介します。

 

*オートロック

 

現在ではオートロックが付いている物件も多くなっています。

その建物に関係のない人は勝手に出入りをすることができないため、オートロックがない物件と比較して安全性が高いといえます。

しかし、出入りが多い場合、あまりオートロックの効果を発揮しきれないこともあるため、管理人さんが常駐している、防犯カメラが付いているといった点もセキュリティ対策には大切です。

 

*モニターフォン

 

一人暮らしをしていると、訪問販売の営業や宗教の勧誘といった訪問があります。

そういった訪問があったときにモニターを通して相手のことをしっかり確認できる部屋だと、その場で断ることも、相手が何の用で来ているのかと確認することもできます。

 

*ピッキング対策が行われている

 

部屋のカギをしっかりと閉めて外出しても、ピッキングによって開けられてしまう可能性もゼロではありません。

そういったことが起きないような対策が行われているかということも確認することがおすすめです。

 

□周辺環境

 

皆さんは部屋の確認を行うときにどんなことに注意しますか?

日当たりであったり、駅からの近さであったり、部屋の立地の良さに関しては様々な観点でチェックする方は多いですが、一方で夜の雰囲気を確かめるという方は少なくなります。

 

付き合いで帰りが遅くなることもあると思いますが、そういったときに明るい大通りを通りながら帰れるのか、物件の周辺の明るさは十分かということもしっかりと確認することで、1人で帰る夜道でも比較的安心できますよね。

 

□知り合いが近くにいるか

 

一人暮らしをするときに親元から離れてしまう方は多いと思いますが、近くに親戚や友達がいるだけで、困ったときには助け合うことができます。

 

また、その方が両親にとっても安心できますよね。

 

□まとめ

 

今回は伏見区での部屋選びのポイントに関してお話ししました。

皆さんのライフスタイルや求める条件によってどんな部屋がいいのかということは変化すると思いますが、最も大切なのは安全安心な暮らしができるかどうかという点です。

 

ご家族や既に一人暮らしをしている友達に意見を聞きながら部屋選びを進めてください!

 1 2 3 4 5 >  Last ›

ページトップへ