ホーム  >  スタッフブログ

「スタッフブログ」の記事一覧(81件)

◆伏見区の不動産会社が解説|賃貸仲介業の仕組みとは?◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/11/17 06:00

転勤や単身赴任など様々な理由で引っ越しをする方で、現在新しく暮らす部屋探しをしているという方もいらっしゃるかと思います。
こういった際には、まず様々な物件を探して、その中からいくつか気になる物件を見つけて内見を行い、気に入ったら契約をするというフローが一般的です。
しかし、契約する賃貸を決めたとはいえ、その仲介の仕組みに関して知っている方は少ないかと思います。
実は、この仕組みを知っていることで、皆さんにもメリットがあるのです。
そこで今回は、意外と知られていない賃貸仲介業の仕組みに関して解説します。

□全ての物件にオーナーがいる
全ての物件にはオーナーがいて、そのオーナーが仲介を依頼することによって、皆さんは不動産からそのオーナーの物件情報を得られたり、気に入れば契約を結んだりできるという仕組みになっています。
このオーナーと繋がっている業者は、入居者からのクレーム対応や家賃の集金、催促、物件の催促、退去時の立ち合い、原状回復工事など、本来ならオーナーが行う仕事を全て代理で行うのです。

□仲介業者にも種類がある
先ほどもお伝えしたように、オーナーは不動産に物件の仲介を依頼して、不動産がその物件を一般の人に入居してもらえるように紹介していきますが、仲介だけでなくその物件の管理を行っている会社も中にはあります。
この管理会社は入居者を探すこともありますが、管理している物件の情報を他の不動産会社に伝え、入居者を紹介してもらう場合もあります。
つまり、不動産の仲介業者には物件の管理を行いつつ、その物件の入居者を探している場合と、管理はせずに情報のみを提示して入居者を探している場合の2種類があります。

□管理会社を選んだ方がいい?
先ほど、不動産の仲介業者には2種類あるとお伝えしましたが、オーナーに依頼されている管理会社は物件のオーナーと近い距離にあり、直接連絡を取れます。
一方で、物件の情報のみを持って入居者を探している業者はオーナーとの接点がありません。
一見、物件と契約する皆さんとは関係のないことのように思えますが、皆さんが物件に関して気に入ったけど何かしら交渉したい点があったときに、オーナーと直接繋がっていない場合、交渉をしたとしても落としどころを見つけられず時間がかかってしまうことがあります。
物件に関する交渉をスムーズに進めるためには、オーナーと直接繋がっている管理会社を選ぶことが大切です。

□まとめ
賃貸契約に関しては、皆さんも慣れていないのでよく理解できていないという方が多いかと思います。
しかし、こういった仕組みを知らない状態で契約を結んでしまうと後悔する結果になってしまうかもしれません。
そうならないためにも、事前に賃貸に関してネット上で調べたり、業者に質問したりしてできるだけ把握しながら契約を進めていってください。

◆伏見区の不動産会社が解説|不動産購入のタイミングとは◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/11/13 06:00

現在、物件の購入を検討している方で、購入するのにベストなタイミングを知りたいという方もいらっしゃるかと思います。
大きな買い物になるため、どの時期に購入すれば費用をできるだけ抑えられるのかを考えるかと思います。
新しい住宅に住むことはワクワクする気持ちになると思いますが、引っ越した後の生活が購入費用によって圧迫されてしまっては本末転倒ですよね。
そこで今回は、現在伏見区で不動産の購入を検討している方に、購入のタイミングに関して解説します。

□消費税増税前

今まで過去に2度先送りされてきた消費税の増税ですが、今年2019年の10月には現在の8%から10%に引き上げられることに決まっています。
今回も先送りされるのではないか、と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の増税に関して政府は、リーマンショック級のことがない限り実施するという旨を公表しているので、ほぼ間違いなく実施されると考えて良いでしょう。
そのため、購入金額の大きい不動産に関しては消費税で課税される金額が大きいので、この2%の差は大きいものになり、増税前が購入に踏み切るタイミングと言えます。
例えば、1000万円の物件を購入した場合、現在であれば80万円のところが、増税後には100万円になり、その差は20万円にもなってしまいます。
こういった費用を抑えるためには、増税前の購入が必要になりますが、具体的には契約を10月までにしたとしても、引き渡しが10月1日以降になってしまうと税率は10%になってしまいます。
8%の税率を適用させるためには9月30日までに、引き渡しを完了する必要があるので、ギリギリになって10月になってしまわないように注意してください。
また、物件の購入費用だけではなく、引っ越し費用や不動産の仲介手数料、新しく購入する家具や家電も増税対象になるのでしっかりと確認しておくことが大切です。

□自分のタイミング

先程までは、外的要因に関するタイミングに関して解説しましたが、それだけで購入して、自分のタイミングを意識していないと後悔することになるかもしれません。
皆さん自身の将来設計や、これから家族構成が変わることがあるかもしれない方は、そういったことまでしっかりと検討して購入を判断する必要があります。
しかし、将来のことに関しては不確定なことが多く、いくら考えても結局分からないということもあると思います。
そういった場合には、あまり焦らずじっくり待ってみることも大切です。

□まとめ

現在は増税前で、なおかつ金利もかなり低い位置でキープしているので、不動産を購入するにはいいタイミングと言えます。
「このタイミングを逃すべきではないのか」
「焦って購入して失敗するかもしれない」
たくさんの悩みがあるかと思いますが、そういった場合は一度不動産会社に相談して専門家の意見を聞いてみてください。

◆伏見区の不動産会社が解説|不動産購入のメリット◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/11/09 06:00

「引っ越しをすることになったけど、賃貸にするか購入するかを迷っている」
そういった方もいらっしゃるかと思います。
これから暮らしていく住宅なので、可能な限り快適な家に住みたいという思いと同時に、また数年後に引っ越すことになるかもしれないと思うと、なかなか購入まで踏み切れなかったり、購入するのと賃貸とどっちがいいのか分からなかったりしますよね。
そこで今回は、不動産を購入するメリットを賃貸と比較しながら解説します。

□購入の場合

*自由度が高い
賃貸はあくまでも借りている状態ですので、皆さんの好みに合わせた住宅にしていくためには様々な制限があります。
必ずしも希望したことが叶えられる訳ではないので、それと比較すると住宅に対する皆さんの希望を反映する自由度が高くなります。
長年暮らしていると、間取りを変更したり好みに内装を変更したりしたくなりますよね。
自由にリフォームができるのとできないのとでは、長年暮らすことを考えるとその時々の満足度に大きな差があるかもしれません。

*自分の資産となる
賃貸の場合、長年住み続けたとしても自分自身の資産となることはないので、お金が勿体ないと感じる方も多くいらっしゃいます。
しかし、購入した場合、それは皆さんの資産として残せます。

*団体信用生命保険に加入できる
団体信用生命保険に加入していることで、もし世帯主である方に万が一の不幸があった場合には、住宅ローンの支払い義務がなくなるため、生活に対する大きな不安を取り除けます。
こういった万が一に備えることも大切です。

*老後に暮らしやすい家にできる
自由度が高いという点と同じですが、老後バリアフリーの家に住みたいと考えたときに、賃貸の場合、そういった変更ができない場合があります。
そうなると、住宅を引っ越さなくてはなりません。

□賃貸の場合

*ローンがない
ローンがないため、急に収入がなくなってしまったという場合でも破綻するリスクは低くなります。

*気軽に引っ越しができる
家族構成や勤務先が変わったという場合にも気軽に引っ越せます。
近隣の居住者とのトラブルがあった場合も、その環境に我慢する必要なく引っ越せるのは大きなメリットですよね。

□まとめ
今回は、物件を購入する場合と賃貸で借りる場合のそれぞれのメリットに関して解説しました。
皆さんのライフスタイルや経済状況、将来の見通しを検討しながらどちらの選択が適切なのかをじっくり検討してみてください。

◆伏見区の不動産会社が解説|賃貸の仲介手数料の相場とは◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/11/05 06:00

「京都の伏見区で物件を探しているけど、賃貸を借りる場合にどれくらいの仲介手数料がかかるのかの相場を知りたい」
引っ越しには何かと費用がかかるので、新生活のためにもできるだけ節約したいと思っている方も多いと思いますし、仲介手数料も低い方がいいですよね。
そこで今回は、現在伏見区で物件を探している方に向けて、賃貸を借りる際の仲介手数料の相場に関して解説します。

□仲介手数料とは
そもそも賃貸契約の際にかかる仲介手数料とは、部屋の紹介や契約の手続きをしてくれた不動産会社に対して支払われるお金のことです。
この費用は、皆さんが物件の情報を聞いたり、実際に内見に行ったりして契約を決めた際にのみかかる費用ですので、たくさんの物件を紹介してもらったけど、最終的には契約をしなかったという際には不要です。
不動産を介さずに個人で物件を探すことは困難ですし、物件を所有している大家さんと部屋を探している皆さんをつなぐ役割を、不動産が代わりに行ってくれているのです。

□費用と相場
*相場は家賃の5割
仲介手数料は1ヶ月分の賃料以内と決められているので、1ヶ月分の賃料以上の金額を仲介手数料として請求されることはありませんが、基本的には借主から不動産会社が受け取れる仲介手数料は賃料の半分以内とされている条件があるので、ほとんどの場合は賃料の半分になっています。
例えば、皆さんが1ヶ月の家賃が80000円の物件を借りた際には、30000円に消費税を加えた金額が一般的です。
しかし、まれに半分以上の金額を請求される場合もあるので、その際にはその金額が1ヶ月分を超えていないか確認するとともに、なぜ5割以上の金額が発生しているのかということを担当者に質問して確認してください。

□仲介手数料は必要費用と考える
これまで、賃貸物件の仲介手数料について解説しました。
物件を探しているときには「仲介手数料を支払う必要がなければいいのに」と考えることはあるかと思います。
初期費用を抑えたいと考えている方はここを節約したいかと思いますが、不動産会社を利用する限り、必要なお金と考えるようにしておいてください。
あまりこだわりすぎると、良い物件や良い不動産会社と巡り合えない可能性もあります。

□まとめ
今回は、賃貸を借りる際の仲介手数料の相場に関して解説しました。
できるだけ費用を抑えたいと考えている方も多いかと思いますが、仲介手数料は賃料の半分はかかると考えておいてください。
大切なのは皆さんにピッタリな物件を見つけることなので、交渉したい場合はあまり無理せず相談してみることをおすすめします。

◆伏見区の不動産が解説|賃貸を借りるおすすめの会社の選び方◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/11/01 06:00

「賃貸物件を借りたいと考えているけど、どういった会社と契約を結ぶべきなのか分からない」
こういった悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。
どういった賃貸に住みたいかのイメージは少しあったとしても、その物件をどこの会社から借りればいいのかは分かりにくいですよね。
そこで今回は、現在賃貸物件をお探し中の方に、賃貸を借りるおすすめの会社とはどういった会社なのかに関して解説します。

□何を基準に選ぶべきなのか
どういった基準を満たしていればいいのかというような条件は一概にはありません。
その理由は、皆さんにとってピッタリな会社は、それぞれ皆さんが求める要素によって変わってくるからです。
しかし、大切なことは信頼できる良い不動産会社かどうかを見極めることです。
皆さんの求める物件を提供している会社でも、信頼できないような会社の場合、契約するのは不安ですよね。
以下では、信頼できる良い不動産会社の特徴を挙げていきます。

□営業歴の長さ
一概には言えませんが、その地域、その分野のベテランの会社とまだ経験の浅い会社では、ベテランの方が専門性も高く安心して任せられるというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
不動産会社には「宅地建物取引業者免許証」というものがあり、これは各不動産会社が国や都道府県から交付される免許です。
例えば、京都府であれば「京都府知事免許」になりますが、この証明書は5年に一度更新する必要があります。
また、この免許が何回更新されているのかをその免許から確認できます。
この更新回数が多いほど、不動産として営業をしてきた歴が長いということです。

□物件のデメリットをしっかりと説明してくれる
やはり、不動産会社は物件の入居者を探すことが仕事なので、皆さんに紹介する物件のメリットを多く説明します。
しかし、どんな物件にも1つや2つはデメリットや心配要素があります。
そういった点に関してもしっかりと解説してくれる会社や担当者であれば、信頼できるのではないでしょうか。
事故物件のみならず、周辺環境や物件の状態に関しても丁寧に教えてくれるのは、その会社自体の方針と考えられます。

□古い物件の情報を募集中
古い物件の情報をずっと募集しているということは、その物件に嘘をついてでも入居してもらうというようなことを行っていない証拠です。
情報が少ないお客さんの立場からすると、不動産会社の言うことは信じてしまいますが、正直に話してくれる場合は、人気のない物件は残っていってしまいます。
こういった点からも、その会社が信頼できるかを判断できます。

□まとめ
賃貸を借りる際には、皆さんは不動産会社を頼ることになるでしょう。
だからこそ、信頼できる会社に物件を紹介してもらうことが皆さんに合った物件を選ぶために大切になります。
こういった点も参考にしながら、不動産会社を探してみてください!

◆伏見区で不動産を購入したい|必要な諸費用とは◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/10/28 06:00

「現在、伏見区で不動産を購入したいと考えているが、不動産の購入にはどういった費用がかかるのか知りたい」
このようにお考えの方も多いかと思います。
どれくらいの予算がどんなことにかかるのかを事前に把握できていないと、予算を立てられませんよね。
そこで今回は、不動産購入にかかる諸費用に関して解説します。

□物件
不動産購入を検討している方が最も気になるのが、そのものの価格だと思います。
これは、不動産会社が皆さんに対して提示してくる物件の価格で、この金額の総額を最終的には全て支払うことになります。
しかし、一括で支払う場合やローンを組んで支払う場合によって、いつにどれくらいのお金が必要になるかは異なるので、物件を購入したいのであれば、この金額全てが即時に必要なわけではありません。

□頭金
頭金とは、物件を購入する際にその購入価格全体のうち、現金で支払う一部のお金のことです。
これは、先程お伝えした物件そのものの費用なので、別途かかる諸費用ということではありません。
頭金に相場はありませんが、一般的に購入する物件の価格の10%~20%を頭金として支払うことになります。
ローンを組んで物件の購入をしようと考えている方は、この頭金をできるだけ多めに支払うことによって、ローンの融資額が少なくなるので、返済に余裕を持てます。

□仲介手数料
不動産会社の仲介によって物件を購入した場合にかかる費用なので、新築住宅を購入する場合にはかからないことが多いです。
しかし、物件によって異なるので確認するようにしましょう。
賃貸のほとんどの場合はこの費用がかかり、費用は1ヶ月の賃料の半分程度です。

□登記の費用
登記とは、購入した土地や建物を所有している人の住所、氏名を記載する手続きのことです。
また、住宅ローンを利用する際には、その物件が担保になっていることを証明する抵当権設定登記も必要になります。
この抵当権設定登記ができていることで、銀行は安心して物件を担保に融資できるのです。

この登記を司法書士に依頼した場合の報酬は、5万円から10万円程度必要になります。

□まとめ
今回は物件購入に必要な様々な諸費用に関して解説しました。
これら以外にも引っ越しを考えている方であれば、その費用や新しく購入する家具、家電の費用も必要になってきます。
そのため、不動産購入を検討している場合は、予算にある程度余裕を持たせて設定してみてください。
また、たくさんの悩みがあるかと思いますが、そういった場合は一度不動産会社に相談して専門家の意見を聞いてみてください。

◆【伏見区の不動産会社が伝授します】不動産業者の選び方と注意点!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/10/24 06:00

「伏見区で不動産を売買してみたいな。」
「不動産業者を選ぶポイントは何だろう?」
不動産の売買を始める際に知りたいのが、不動産業者の選び方ではないでしょうか。
そこで、今回はこれから伏見区で不動産売買を始める方必見の不動産業者の選び方と注意点について解説します。

□不動産業者の選び方
気になった物件を検索してみると、調べている物件は一つなのに複数の不動産業者が検索結果に出てくる経験をしたことはありませんか。
このように、一つの物件に対して複数の仲介業者が検索結果に出てくる原因は「レインズ」と呼ばれるデータベースです。
「レインズ」は登録している業者限定で公開している会員制のデータベースです。
そこには業者のみが閲覧できる物件情報が載っており、登録業者であれば顧客に物件を紹介できる仕組みになっています。
不動産業者は「地域密着型の不動産会社」と「大手の不動産会社」に分類できます。
ここからはそれぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

*地域密着型の不動産会社
地域に寄り添っている会社は、古くからその土地で経営しており、各物件を管理している大家さんとのつながりが深い場合が多いです。
そのため、値段交渉など契約をする際の条件交渉がスムーズにいく可能性が高くなります。
また、譲れない条件を持っていて、表に出ていない物件で探せなかった場合に掘り出し物の物件を紹介してくることもあります。
デメリットは大家さんとの関係性を大切にしているため、借りる側の印象が良くないと物件を貸してくれない可能性があります。

*大手の不動産会社
大手の不動産会社のメリットは取り扱う物件数が多いので、希望条件にあった物件を見つけやすいことと、新しく売り出された物件を紹介してもらえる可能性が高いことです。
デメリットは会社が従業員に厳しいノルマを課している場合に、物件の質よりもノルマ優先で物件を紹介する可能性があることです。

□まとめ
以上、不動産業者の選び方と注意点についてご紹介しました。
はじめは難しそうに思ったかもしれませんが、確認するポイントを知ることで意外と簡単に良い不動産業者を選べるようになりますよ!
ぜひ、自分の状況にあった不動産会社を選んでくださいね。
また、今回の記事を参考に、伏見区で不動産を売買することについて検討してみてください。
当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

◆伏見区の子連れで楽しめるおすすめ観光スポットをご紹介します!◆
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/10/20 06:00

「伏見区の子連れで遊べるスポットを知りたいな。」
「伏見区ってどんなところだろう?」
どこで不動産の売買をするか考える際に知りたいのが、その土地の雰囲気ではないでしょうか。
そこで、今回は伏見区のことをもっと知りたい方必見の伏見区の観光スポットをご紹介します。

□伏見稲荷大社
伏見区の観光名所で真っ先に候補として思い浮かぶのが伏見稲荷大社ではないでしょうか。
朱色の鳥居が無数に並ぶ「千本鳥居」が有名で、海外から多くの観光客が訪れています。
「千本鳥居」は参拝路に建てられており、鳥居をくぐりながら山道を歩きます。
1つ注意することは、山道であるため動きやすい服装や靴を身につけることです。
まだ、伏見稲荷大社を訪れたことがない方は、ぜひ動きやすい服装で「千本鳥居」が作り出す圧巻の光景をご覧になってください!

□京都市青少年科学センター
京都市青少年科学センターは、恐竜の化石や身の回りに生息している昆虫など100点を超える体験型の展示物が用意されています。
京都市青少年科学センターの展示物をご紹介します!

*屋内展示
電流を流すと磁界の力が働くことを方位磁石で確認できる「電流と磁界」や、コイルの近くで磁石を回して電気を作る「発電機」などを体験することができます。
また、おしゃべりするティラノサウルスなどユーモアのある展示物から恐竜の生態系や歴史まで学べます。
さらに、プラネタリウムもあるので、宇宙や星などが好きなお子様にもおすすめです。

*屋外展示
約40種類の化石や岩石が並んでいる場所や沖縄の珍しい蝶を観察できるスポットが用意されています。
また、夏になるとカブトムシが展示されるなど、季節に合わせた期間限定公開もあるので、訪れる時期によって楽しめるのも大きな魅力の一つです!

□醍醐寺
醍醐寺は豊臣秀吉が設計したと言われる雄大な庭園が有名です。
春や秋の季節になると桜や紅葉をみることができるので、この時期に多くの観光客が訪れています。
また、夜になるとライトアップもされるので、より一層きれいに庭園をみることができます。
春または秋に京都観光をされる方は醍醐寺を旅のスケジュールに入れてみてはいかがでしょうか。

□まとめ
以上、伏見区の子連れで楽しめる観光スポットをご紹介しました。
今回の記事でお話しした観光スポットは伏見区の数ある観光スポットの一部分です。
そのため、一度伏見区を散策するのをおすすめします。
今回の記事を参考に、伏見区で不動産を売買することについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

◆伏見区に住んでいる方は必見です!子連れで遊べる遊び場をご紹介します!◆
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/10/16 06:00

「伏見区で子供が楽しめる遊び場はどこにあるかな。」
「伏見区ってどんなところなんだろう?」
どこで不動産売買をするか悩んでいる際に知りたいのが、その土地の雰囲気ではないでしょうか。
そこで、今回は伏見区のことをもっと知りたい方必見の伏見区の子連れで遊べるスポットについてご紹介します。


□ピュアハートキッズランド伏見桃山
ピュアハートキッズランド伏見桃山は大型室内公園となっています。
室内なので紫外線対策の必要はなく、冷暖房完備であるため快適に遊ぶことができます。
施設内には遊べるものがたくさん用意してあり、巨大ボールプール、ホワイトサンドの砂場、大型遊具、電動キッズカーなどお子様が満足できること間違いなしの充実度となっています。
価格は完全会員制(年会費315円/1家族)とリーズナブルな価格設定となっています。
さらに、季節によって様々なイベントも開催しているので、一度子連れで訪れてみてはいかがですか。


□京都ボルダリングパーク ロシェ桃山
近年、流行となっている「ボルダリング」が3歳から遊べる施設となっています。
駅から徒歩6分とアクセスも抜群で、価格も利用者だけに発生するので、家族でお出かけするのにおすすめとなっています。
ブームとなっている「ボルダリング」で体を動かすと楽しいですよ!


□京都市青少年科学センター
京都市青少年科学センターは、恐竜や動物の生態や身近にある科学の仕組みなど、お子様が夢中になれる話題をわかりやすく説明してくれる施設です。
恐竜の化石を観察したり、光や音の仕組みについて調べたりすることができます。
本記事だけでは紹介しきれないほど豊富な話題が用意されているので、家族で楽しめますよ!


□伏見稲荷大社
伏見稲荷大社は朱色の鳥居が無数に並ぶ「千本鳥居」が有名で、海外から多くの観光客も訪れています。
まだ、「千本鳥居」が作り出す圧巻の光景をご覧になっていない方は、一度訪れてみてください。
ご家族のよい思い出となりますよ!
注意点は参拝路が山道となっていることです。
そのため、動きやすい服装や靴を身につけて訪れてくださいね。


□まとめ
以上、伏見区内の子連れで遊べるスポットについてご紹介しました。
今回の記事でお話しした場所以外にも、子連れで遊べる場所はたくさんあるので、一度伏見区を観光してみてはいかがでしょうか。
今回の記事を参考に、伏見区で不動産売買することについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しており、多数の伏見区の不動産物件を取り扱っています。
何か相談したいことがあれば、ぜひ当社までお問い合わせください。

◆【伏見区で不動産売買を考えている方へ】伏見区のおすすめカフェをご紹介します!◆
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/10/12 06:00

「伏見区のおしゃれなカフェを知りたいな。」
「伏見区ってどんなところなんだろう?」
どこで不動産売買をするか考える際に知りたいのが、その土地の雰囲気ではないでしょうか。
そこで、今回は伏見区のことをもっと知りたい方必見の伏見区のおすすめカフェをご紹介します。

□懐石カフェ 蛙吉(アキチ)
ここではなんとカフェで京懐石を味わうことができます!
京懐石といえば料亭でしか食べられない高級料理というイメージがありますが、蛙吉さんで気軽に食べることができます。
リーズナブルな価格で京懐石料理をいただけることもあり、とても人気なので、訪れる際は事前予約することをおすすめします。

□ヴィーガンズカフェ アンド レストラン(Vegans café and restaurant)
ベジタリアンの方に人気のカフェです。
カフェで提供しているメニューは肉・魚などの動物性食品や化学精製された白砂糖を使っていません。
無農薬・肥料不使用で育てた玄米や、できる限り自然栽培・有機栽培の野菜を用いるなど、原材料にこだわったメニューとなっています。

□伊藤軒
創業1864年の和菓子屋さんがカフェ、ショップや体験工房を備えた複合施設となっています。
カフェの店内も広々としているので、ゆったりと過ごすことができます。
さらに、ワンコインでランチメニューを頂けるので、コスパも抜群です!

□カフェ 花咲み
京町屋を改装したカフェとなっており、大きなガラス窓からは庭園を眺めることができます。
店内も落ち着いた雰囲気なので、観光途中などゆっくり休憩したいときにぴったりのカフェです。

□ポポロヒロバ
昔から経営されている老舗のお店となっています。
ポポロヒロバには他のカフェにはないユニークな特徴があります。
それは、メニュー名が変わっており、「初恋の人」、「クララが立った!」などユニークな名前がメニュー表に並んでいます。
もちろん、お料理も美味しいのでぜひ訪れてみてください!

□agio.iichan.chi(アージョ イイチャンチ)
最後にイタリアンのお店を紹介します。
お店のある場所が「大手筋商店街」という大きな商店街の中にあり、駅からも近いので気軽に訪れることができます。
店内は隠れ家的な雰囲気となっており、学生から年配の方まで幅広い年齢層が利用しています。

□まとめ
以上、伏見区のおすすめカフェをご紹介しました。
今回の記事でお話ししたお店以外にも、様々な特色を持ったカフェがあるので、一度伏見区でカフェ巡りをしてみてはいかがでしょうか。
今回の記事を参考に、伏見区で不動産売買することについて検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しており、伏見区の不動産物件を多く取り扱っています。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

 1 2 3 4 5 >  Last ›

ページトップへ