ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区の不動産会社が解説|不動産購入のタイミングとは◆

◆伏見区の不動産会社が解説|不動産購入のタイミングとは◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2019/11/13 06:00

現在、物件の購入を検討している方で、購入するのにベストなタイミングを知りたいという方もいらっしゃるかと思います。
大きな買い物になるため、どの時期に購入すれば費用をできるだけ抑えられるのかを考えるかと思います。
新しい住宅に住むことはワクワクする気持ちになると思いますが、引っ越した後の生活が購入費用によって圧迫されてしまっては本末転倒ですよね。
そこで今回は、現在伏見区で不動産の購入を検討している方に、購入のタイミングに関して解説します。

□消費税増税前

今まで過去に2度先送りされてきた消費税の増税ですが、今年2019年の10月には現在の8%から10%に引き上げられることに決まっています。
今回も先送りされるのではないか、と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、今回の増税に関して政府は、リーマンショック級のことがない限り実施するという旨を公表しているので、ほぼ間違いなく実施されると考えて良いでしょう。
そのため、購入金額の大きい不動産に関しては消費税で課税される金額が大きいので、この2%の差は大きいものになり、増税前が購入に踏み切るタイミングと言えます。
例えば、1000万円の物件を購入した場合、現在であれば80万円のところが、増税後には100万円になり、その差は20万円にもなってしまいます。
こういった費用を抑えるためには、増税前の購入が必要になりますが、具体的には契約を10月までにしたとしても、引き渡しが10月1日以降になってしまうと税率は10%になってしまいます。
8%の税率を適用させるためには9月30日までに、引き渡しを完了する必要があるので、ギリギリになって10月になってしまわないように注意してください。
また、物件の購入費用だけではなく、引っ越し費用や不動産の仲介手数料、新しく購入する家具や家電も増税対象になるのでしっかりと確認しておくことが大切です。

□自分のタイミング

先程までは、外的要因に関するタイミングに関して解説しましたが、それだけで購入して、自分のタイミングを意識していないと後悔することになるかもしれません。
皆さん自身の将来設計や、これから家族構成が変わることがあるかもしれない方は、そういったことまでしっかりと検討して購入を判断する必要があります。
しかし、将来のことに関しては不確定なことが多く、いくら考えても結局分からないということもあると思います。
そういった場合には、あまり焦らずじっくり待ってみることも大切です。

□まとめ

現在は増税前で、なおかつ金利もかなり低い位置でキープしているので、不動産を購入するにはいいタイミングと言えます。
「このタイミングを逃すべきではないのか」
「焦って購入して失敗するかもしれない」
たくさんの悩みがあるかと思いますが、そういった場合は一度不動産会社に相談して専門家の意見を聞いてみてください。

ページトップへ