ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆仲介手数料を安くするには?伏見区の不動産会社が解説します!◆

◆仲介手数料を安くするには?伏見区の不動産会社が解説します!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/01/04 06:00

「なるべく賃貸にお金を掛けたくない。」
「賃貸物件を借りるときの上手な節約方法を教えて!」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか?
賃貸物件を借りるときは、初期費用がかかります。
仲介手数料や敷金、礼金など、高額な費用を不安に思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、仲介手数料を抑える方法についてご紹介します。


□仲介手数料の相場

仲介手数料の相場は、家賃の半月~1か月分に、消費税を加えたものです。
月50,000円の家賃なら、25,000円~50,000円に消費税を加えた額が相場です。
同じように、月30,000円の家賃なら、相場は15,000円~30,000円+消費税になります。
また法律で、手数料の上限は家賃の1か月分と決められているので、それ以上の請求を受けた場合は注意しましょう。


□仲介手数料を抑える方法

*不動産会社と交渉する

仲介手数料は、不動産会社にとって大切な収入源です。
そのため、交渉でゼロにすることは難しいでしょう。
しかし、値下げに応じてくれる所もあるので、一度交渉ができないか確認してみましょう。


*仲介手数料のかからない物件を選ぶ

物件の中には、不動産会社が直接管理しているものもあります。
そのような物件の多くは、仲介手数料が必要ありません。
手数料の有無についての情報は、不動産会社が持っているので、担当者に質問してみると良いでしょう。

*大家さんと直接契約する

この場合、大家さんと借主の間に仲介会社(不動産会社)が介入しません。
そのため、仲介手数料は必要ありません。


□仲介手数料だけで決めるのは良くない?

初期費用には、仲介手数料だけでなく、敷金・礼金・保険料・前家賃といったものが必要です。
仲介手数料が安くても、敷金や礼金が高く、最終的な総額は高くなってしまった、ということになっては嫌ですよね。
そのため仲介手数料のみならず、敷金や礼金などの費用を合わせた総額を比較するようにしましょう。
この作業を行えば、敷金と礼金は安いのに仲介手数料が高い物件や、逆に敷金と礼金は高く仲介手数料が安い物件などが明らかになります。


□まとめ

今回は、賃貸物件の仲介手数料を抑える方法についてご紹介いたしました。
ぜひこの記事を参考に、お客様に合った物件を見つけてください。
また当社では、伏見区を中心に賃貸物件の仲介を行っております。
金銭面で不安に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、当社の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
伏見区で賃貸物件をお探しのお客様は、ぜひ当社までお問い合わせください。

ページトップへ