ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で一人暮らしをご検討中の方必見!間取りについて解説します!◆

◆伏見区で一人暮らしをご検討中の方必見!間取りについて解説します!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/04/17 06:00

伏見区で一人暮らしをお考えの方はいませんか?
「伏見区で一人暮らしがしたいけど、間取りがわからない」
「一人暮らし用の間取りが知りたい」
このように、一人暮らしの間取りでお悩みの方は多くいらっしゃると思います。
確かに、間取りの大きさについてよく知らないですよね。
そこで今回は、一人暮らしに最適な間取りとポイントを紹介します。


□伏見区について知ろう!

伏見区について詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。
まずは、伏見区について詳しく見ましょう。

*伏見区ついて

伏見区は京都市の南部に位置する区の1つです。
平野部が多く京都中心部にも大阪方面にもアクセスが便利です。
京都市内では人口が1番多いです。

*伏見区の名所

伏見区には、伏見稲荷大社があります。
伏見稲荷大社は、千本鳥居が有名で海外からの多くの観光客で連日賑わっています。
伏見稲荷は入場が無料で、参拝の時間の制限がありません。
そのため、朝や夜の散歩に利用される方が多いです。

*伏見区を通る電車

伏見区には、京阪、近鉄、JRと多くの電車が走っています。
そのため、アクセスが良く、比較的自由に行動できるため、住み心地が良いでしょう。
京都の中心地である京都駅までは、JR奈良線や近鉄線を使って15分もかかりません。
一方で、京都の繁華街である河原町までは京阪を使って行けます。

*伏見区の治安は?

大手筋商店街の人通りは多いです。
しかし、ほとんどは閑静な住宅街です。
伏見区には、高校や大学が多く、学生が多い町です。
単身者用の住宅が多く、コンビニも多いため便利だと言えます。
基本的に治安に不安を感じる必要はないでしょう。


□部屋探しのポイント!

部屋を決める際のポイントを見ましょう。

*家賃

家賃はどのくらいが良いのかわからないですよね。
家賃は一般的に家計の3割以下だと言われています。
そのため、月収が20万の場合は、6万円ほどでしょう。

*広さはどのくらい?

一般的に一人暮らしで必要な広さは20平方メートルだと言われています。
同じ広さでも、ワンルームか1Kで考えた場合、居室部分はワンルームの方が広いでしょう。
ワンルームの場合、キッチンやバス、トイレのスペースをコンパクトに抑えているからです。
しかし、天井が高かったり、窓が大きかったりする場合は、実際より部屋が広く感じるでしょう。
そのため、内覧に行って実際に確認する必要があります。

*3Pを考えよう!

部屋を考える際の基準に必要な3つのPを見ましょう。

*計画(Plan)

部屋の目的を考えましょう。
部屋の中で勉強をすることが多いのか、寝ることが多いのかのような目的次第で必要になる条件が変わってくるでしょう。

*値段(Price)

収入の範囲内で払え、重い負担にならない金額が望ましいでしょう。

*場所(Place)

立地条件を考えましょう。
日頃使う場所から近い方が良いのか、遠くても電車で始発の駅がいいのかと行った条件を考えると良いです。


□ワンルームと1K、どっちが良い?

ワンルームと1Kどちらが良いのでしょうか。
ワンルームと1Kのメリットとデメリットを見ましょう。

*ワンルームのメリット

ワンルームのメリットとしては、家賃が安いことと仕切りが少ないため広く感じることでしょう。
空間が広く使えるため、工夫次第では快適に暮らせるでしょう。

*ワンルームのデメリット

キッチンと部屋がつながっているため、料理中にエアコンの効きが悪くなるでしょう。
また、キッチンと同じ空間なため、匂いが充満してしまいます。

*1Kのメリット

1Kは、居室とキッチンの間に仕切りがあるため、ワンルームのデメリットが解消されます。
エアコンも効き目や、料理の匂いの問題は解消されるでしょう。
また、仕切りがあることでトイレの音も気にならなくなるでしょう。
部屋の中に電子レンジや冷蔵庫を置く必要がないため、部屋の雰囲気を作りやすいです。


*1Kのデメリット

ワンルームに比べ、家賃が少し高くなってしまう点が挙げられます。
お金の余裕がある場合は1Kの方が良いかもしれません。


□伏見区の物件を見てみよう!

*ランブラス清仁館

ランブラス清仁館は、京阪本線から徒歩3分の場所にあります。
また、JR藤森まで、徒歩5分ほどでしょう。
しかし、急な坂になっているため注意が必要です。
近くにコンビニがあるため、便利でしょう。
賃料は、3.2万円で管理費が3000円です、
敷金はかからず、礼金は3.2万円と伏見区の中では良い物件だと言えるでしょう。
室内にはエアコンがついており、ユニットバスです。
広さは6.97坪と一人で住むには十分な広さでしょう。

*貸しアパート

こちらの貸しアパートは、京阪本線藤森駅から徒歩1分の立地にあります。
間取りは2Kと一人で住む分には十分な広さでしょう。
徒歩5分県内にスーパーやコンビニがあるため生活しやすいでしょう。
家賃は、3.5万円で管理費は5000円です。
礼金はなしで、敷金が7万円です。


□まとめ

今回は、一人暮らしに最適な間取りとポイントを紹介しました。
当社では、一人暮らしについてのご相談を随時受け付けております。
一人暮らしの専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

ページトップへ