ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区に引っ越す方へ!賃貸契約に必要なものをご紹介します!◆

◆伏見区に引っ越す方へ!賃貸契約に必要なものをご紹介します!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/04/24 06:00

賃貸契約に何が必要になるのかご存じですか。
引っ越しをあまりしたことがない方は分からない方も多いでしょう。
引っ越しをする前に事前に理解して準備しておきたいですよね。
また、何も知らないことを不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、引っ越しの時に必要となる物についてご紹介します。


☐賃貸契約に必要な書類

賃貸契約をするにあたり、必要な書類はなにかご存じですか。
多くの書類がいると思われている方も多いでしょう。
今から紹介する3つの書類は最低限準備しておきましょう。

1つ目は、住民票です。
住民票は、役所に行けば簡単に手に入ります。
役所は平日しか開いていないので早めに手配しておきましょう。
住民票だけではなく、印鑑証明も取得しておくと良いでしょう。
もしかしたら、まだ印鑑証明を取得していない人もいらっしゃるかもしれません。
学生の方は大半が取得していないでしょう。
そのような方は、住んでいる自治体で実印登録を済ませておきましょう。

2つ目は、収入を証明するものです。
収入を証明するものといっても、様々な種類がありますよね。
どの書類を提出すればいいのでしょうか。
基本的に、源泉徴収票を提出すれば大丈夫です。
会社に言えば交付してくれます。
引っ越しが決定したのであれば、なるべく早く準備しておくべきでしょう。

3つ目は、保証人関係書類等です。
近年は、連帯保証人の書類の提出を必須としている賃貸も多いです。
もしかしたら、連帯保証人の書類が必要ではない物件自体がないかもしれません。
連帯保証人のどのような情報が必要かご存じですか。
住民票と印鑑証明書、収入証明の提出が必要とされているのです。
そのため引っ越しが決まったら、所定の承諾書に直筆署名・捺印をもらいましょう。


☐賃貸契約に必要なお金

契約に備えて、もう一つ大切なのがお金であるといえるでしょう。
初期費用は高額になる場合が多いです。
そのため、しっかりと事前に準備しておくことをおすすめします。
どのようなものに費用がかかるのか、今回は3つご紹介します。

1つ目は、敷金・礼金です。
一番お金がかかるといってもいいでしょう。
物件によっては敷金・礼金を無料にしているところもありますが、ほぼないと考えていた方が良いでしょう。
また、当月分の日割り額に加えて翌月1カ月分を前払いしなければいけない物件も多いです。
物件によって異なりますが、カギの交換費用等が必要になるところもあるようです。
契約時にきちんと確認しておきましょう。

2つ目は、仲介手数料です。
仲介手数料とはなにかご存じですか。
住宅の売買や賃貸借の取引の際、売主と買主の間に入って意見の調整や契約事務などを行う不動産会社に支払う手数料のことです。
仲介手数料は、取引が成立した時点で支払う成功報酬で、物件の売却や購入の仲介を依頼したものの、契約が成立しなかった場合は、仲介手数料は請求されません。

3つ目は、保険料です。
賃貸を契約した際、火災保険といった保険に入らなければいけない物件もあります。
不動産会社が窓口となっている場合が多いため、不動産会社経由で支払いましょう。
また、業者によっては入らなければいけない保険も異なるため、しっかり確認しましょう。


☐実際の契約の進め方

どのように契約を進めていくのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。
そのため、物件に申し込んだ後、契約に至るまでどのように進んでいくのかご紹介します。
今までに賃貸契約をしたことのない方は、この流れを知っておきましょう。

*入居審査

賃貸契約を申し込んだ後は、入居審査があります。
この審査を通過できなければ、賃貸を借りられないのです。
入居審査は通常であれば数日程度で終わるでしょう。
不動産会社や大家さん、保証会社などが共同で審査を行います。
支払い能力があるのか等様々な面から物件を貸しても大丈夫な人かどうか審査するのです。

*重要事項説明を受け、契約書を記入する

入居審査が通ったらいよいよ契約です。
審査後、業者から重要事項の説明を受けて、問題がないことを確認しなければいけません。
重要事項説明は、宅地建物取引士の資格を所持している人が行うよう法律で定められており、それ以外のスタッフが行うことはできません。
入居後に貸主と借主の間でトラブルを発生させないためにも、きちんと説明を受けて確認しなければなりません。
説明を受けて、契約内容に相違がなければ、契約書の記名と捺印を行います。

*初期費用を入金する

契約書の記入が終わったら、敷金や礼金などといった初期費用を支払います。
契約日よりも前に入金するように求めてくる業者もいるため、支払日は様々です。
また支払方法も業者によって異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。


☐まとめ

今回は、伏見区の賃貸契約に必要な物や契約するときの流れをご紹介しました。
賃貸契約のことについて、理解していただけたと思います。
契約について知識を持っておくことは重要です。
また、情報収集を行うことも重要であるといえるでしょう。
納得できる物件を借りられるように、前もってしっかりと準備しておきましょう。

ページトップへ