ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で一人暮らしを検討している方へ!ユニットバスついて解説!◆

◆伏見区で一人暮らしを検討している方へ!ユニットバスついて解説!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/07/31 06:00

一人暮らしを考える際に、お風呂で悩む方は多くいらっしゃいますよね。
一人暮らしの住宅には、ユニットバスのイメージがある方が多いですよね。
そこで今回は、ワンルームやビジネスホテルで見かけるユニットバスのメリットとデメリットについてご紹介します。


□ユニットバスとなにか

ユニットバスとは、工場であらかじめ天井や浴槽、床、壁などを成型しておき、現場で組み立てて設置する浴室のことです。
ユニットバスは、一体化されているため、防水性が高く、水漏れリスクが低いという特徴があります。

施工期間が短く、設置時の人件費を抑えられることがビジネスホテルで採用されやすい理由でしょう。

そんなユニットバスですが、実は2つの種類があります。
1つ目は、2点ユニットバスです。
2点ユニットバスは、浴槽と洗面台が1つのフロアに設置されているものを指します。
トイレと浴槽を分けたい方にとっては、こちらのタイプのユニットバスが良いのではないでしょうか。

2つ目は、3点ユニットバスです。
3点ユニットバスは、浴槽、洗面台、トイレが1つのフロアに設置されているものです。
一般的にユニットバスと聞くと、こちらのタイプを想像する方が多いでしょう。


□ユニットバスのメリット・デメリットについて

ユニットバスのメリット、デメリットについてご紹介します。
それぞれについてみていきましょう。

ユニットバスのメリットは4つあります。
1つ目は、家賃が安いことです。
ユニットバスを採用している物件は、セパレートタイプの風呂を採用している物件よりも家賃が安い傾向があります。

3点ユニットバスであれば、浴槽、洗面台、トイレが1フロアにあるので、他のフロアを広くしたい方や、家賃を抑えたい方には向いているでしょう。

2つ目は、掃除を簡単に行えることです。
ユニットバスは水漏れしにくい構造で作られています。
そのため、水を使用した清掃であれば、部屋を丸ごと清掃できます。
セパレートタイプは部屋によって、清掃方法を変更する必要があります。

清掃方法を変えるたびに、必要な器具が増えるので、その分清掃コストも高くなるでしょう。
ユニットバスは、清掃する器具が比較的少なく済むので、清掃時間だけでなく清掃コストも抑えられるでしょう。

3つ目は、断熱構造になっていることです。
ユニットバスは外側に建物の壁があり、その中にユニットバスという部屋を設置しています。
これにより、二重構造が生まれ、ほとんど寒暖差に影響されることがありません。

また、気密性も優れているため、冬場に冷気が風呂場に入ることや、浴槽の熱が外に逃げてしまうこともありません。
冬場に風呂場が冷え切ってしまい、寒い中シャワーを浴びることや、夏場に熱気がこもることは少ないでしょう。

4つ目は、水漏れリスクが低いことです。
前述したとおり、水漏れしにくい構造で作られています。
万が一、洗面台やシャワーから水漏れがおこった場合にも、ユニット内にとどまるよ
うに設計されているため、ユニット外までミスが飛びにくいでしょう。

セパレートで水漏れがおこった場合には、水がフロアの床からしみだし、下のフロアに流れ出します。
水漏れリスクが低いことは、ユニットバスの大きなメリットでしょう。

続いてデメリットについてみていきましょう。
ユニットバスのデメリットは4つあります。

1つ目は、湿気がたまってしまうことです。
ユニットバスはその構造上、窓を設置しないことが多いです。
窓がないと換気できないため、部屋に湿気がこもってしまいます。

そのため、シャワーカーテンや湿気がこもりやすい部分にカビが生えてしまい、衛生環境を保つことが難しいかもしれません。

ユニットバスを清潔に保つためには、できる限り換気扇は回し、意識的に湿気を逃がすようにしましょう。
また、カビ対策のために、定期的な清掃も必要です。

2つ目は、体を洗いにくいことです。
ユニットバスは、浴槽の隣に洗面台やトイレが設置されていますよね。
そのため、体を洗う場所を確保しにくいです。

浴槽の中に入って体を洗うことが多いため、風呂場での身動きは取りにくいです。
シャワーのみで生活する場合には、問題ありませんが、浴槽にお湯を張りつかりたい場合には、手間がかかるでしょう。

3つ目は、トイレと浴槽を同時に使いにくい点です。
ユニットバスは浴槽とトイレがシャワーカーテンのみで遮られています。
そのため、どちらかが使用されている場合には、もう一方は使用しにくいです。

来客があった場合に、浴槽を使っていて、トイレを使いにくいことはデメリットになるでしょう。

4つ目は、収納が十分に確保できないことです。
ユニットバスは基本的にフロア自体が広くありません。

シャンプーやリンス、タオル等の基本的なモノを置いてしまえば、収納スペースはほとんど残っていません。
風呂場や洗面台に物を置きたい場合には、別途小さな棚を設けるなどの工夫が必要でしょう。


□まとめ

ユニットバスのメリットとデメリットについてご紹介しました。
ユニットバスは衛生面や収納といった部分で、セパレートと比べると見劣りしますが、水漏れリスクや家賃などのコストの面を考えると魅力的ですよね。
どちらが自分にあっているのかを十分に検討して、後悔のないようにしましょう。

ページトップへ