ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で賃貸をお探しの方必見!ペット可物件について解説!◆

◆伏見区で賃貸をお探しの方必見!ペット可物件について解説!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/09/05 06:00

ペット可物件が効率よく探せずに困っている方はいらっしゃいませんか。
実はペット可物件を探すのにはコツがあります。
コツを知らずに調べてしまうと、膨大な時間がかかることも少なくありません。
今回は、満足できるペット可物件を効率よく見つけられる方法とペット可物件の種類についても解説していきます。


□「ペット可」物件を探す際のポイント

*分譲マンションと賃貸住宅での対応の違い

分譲マンションと賃貸住宅では「ペット可」と明記されていてもその内情はまったく異なります。
まずは、分譲マンションの場合から確認していきましょう。

結論から言うと分譲マンションの場合はペットに関するルールが詳細に決められていることが多いです。

分譲マンションを選ぶ方は、基本的にはその場所で一生暮らしていくことを前提に話を進めます。
その場合、できるだけトラブルが発生しにくいようなマンションを選ぼうとするでしょう。
選び手がこのように考えるのであれば、自ずと管理会社もルールを詳細に決めます。
その結果、分譲マンションではきちんとルールが決められた物件が多くなっているのです。

一方、賃貸住宅の場合は「ペット可」と記載しているのは、単なる集客目的の場合が多いです。
近年は、物件の老朽化や賃貸住宅の供給過多により住宅市場は激化の一途をたどっています。

しかも日本では築年数の経過していない住宅が人気なので、定期的なリフォームを行わない物件は生き残れません。

このような激しい競争の中で、「ペット可」という表示は入居希望者を増やせる魅力的な条件に映るのでしょう。
物件によっては、細かいルールは後回しにして、とりあえず空室対策としてペット可と表示する場合もあります。

そして、入居してもらったあとで一部屋ずつ確認をすることも珍しくありません。
そのため、特に賃貸住宅の場合はあらかじめペットに関する相談をしておき、ご自身の飼っているペットが飼えるのか確認しておきましょう。


*効率よく探すコツは条件を絞りすぎないこと

ペット可の物件を効率よく探す方法は、条件を絞り込みすぎないことです。
試していただければわかることですが、「場所」「ペットの種類」などに加えて、住宅の条件まで加えると件数はかなり減るでしょう。
もしペットと一緒に暮らしたいのであれば、通勤や通学先とは少し外れる沿線や通勤通学時間の希望を少し伸ばすなどの工夫が必要です。

また、ペット可能物件には都市も郊外もないことを頭に入れておきましょう。
実際のデータをみても、両者の相関は見られずバラツキがあることがわかります。
効率よく物件探しをしたい方は、エリアをあまり絞り込まずに広いエリアで探すようにしましょう。

しかしエリアにバラツキがある一方で、住宅の築年数はペット可物件の件数に影響する傾向があります。

傾向としては、築年数の長い物件の方がペット可物件は多いです。
なぜなら、築年数が長いとそれだけ人気も少なく、入居者が少なくなるからです。
もし、住宅の築年数にそれほどこだわりがないという方であれば、ペット可物件は意外と早く見つかるかもしれません。


□ペット可賃貸は大きく分けて2種類

ペット可賃貸は大きく分けて2つの種類があります。

ひとつは、「ペット可」と新たに条件を付与しただけの物件です。
先ほどの章でも少し触れましたが、物件は築年数が長い、もしくは駅から遠いなどのネガティブな条件のために、付加価値として「ペット可」と掲載している場合が多いです。

ただし、このように記載しているすべての物件が客集めの道具として利用しているわけではありません。
中にはペットを愛している大家さんのご好意による場合もあります。
このような理由から物件には当たり外れがありますが、探してみると良い物件が見つかるかもしれません。

もうひとつは、ペット可を前提に建てられた物件です。
こうしたマンションは「ペット共生型賃貸」と呼ばれており、飼い主と一緒に暮らせる環境が整っています。

ペット共生型賃貸のすごい点は、ペットと暮らしていて起こりうるあらゆるトラブルに対応している点でしょう。
例えば、室内飼いで発生する床の傷防止や、ペットの泣き声のための防音設備、退去後のクリーニング費用など様々な保証が揃っています。

しかも、これらの住宅に住むことは、他の入居者とのトラブルを未然に防ぐだけではありません。
もしもこれらの設備を新築で揃えようと思えば、おそらく何百万円もするでしょう。

しかし、賃貸であればこれらの設備を含めた家賃で生活できます。
家賃は物件にもよりますが、ペットを飼っている方にとって「ペット共生型賃貸」はとても魅力的な選択肢になるでしょう。


□まとめ

近年少しずつペット可物件が増えてきましたが、それでもまだまだ探すのは大変というのが現状です。
そのため、物件を探す際はご自身で調べるだけでなく、そのエリアを詳しく知る不動産会社に相談してみましょう。
もし伏見区で物件を効率良く探したい方がいらっしゃいましたら、住宅販売を専門に扱う当社までご相談ください。

ページトップへ