ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で賃貸をお探しの方へ!窓について知ろう!◆

◆伏見区で賃貸をお探しの方へ!窓について知ろう!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/09/26 06:00

伏見区で賃貸をお考えの方はいませんか。
実際に住む中で、換気をすることで暑さをやわらげる窓は住宅、マンションを問わず重要なものでしょう。
しかし、窓のことについて知らない方も多くいらっしゃります。
そこで今回は、窓の役割、窓の種類と断熱について解説していきます。


□窓の役割

これから窓の役割をいくつか見ていきます。
まず思い付く窓の役割は採光ではないでしょうか。
朝目覚めると一番にカーテンを開けて太陽の光を浴びるという方も多いでしょう。

採光は室内を明るくし、取り入れた太陽の光を浴びることで私たちの心は安らかになります。
太陽の光を浴びる時間が短すぎると、体調を悪くする人がいると言われるぐらい太陽の光は大切です。
そのため、それをもたらす採光は窓の大切な役割のひとつになるでしょう。
また、照明器具の節約にもなり、節電に繋がります。

換気や通風も窓の重要な役割です。

換気扇ではなく、窓を開けて換気する方は多いのではないでしょうか。
窓は開けて、換気をすることで、気になる臭いを外へ出し新鮮な空気を室内に入れます。
また、爽やかな風を通す窓は温度や湿度の調整を自動で行い、室内の環境をより良いものにします。

窓ひとつない部屋に自分がいることを想像してみてください。
どこか閉鎖的で息苦しさを覚えないでしょうか。
想像からわかる通り、部屋に華やかさを与え開放感を与える役割を担っているのも窓です。

特に日本は四季を感じやすい国ですから、その移ろいを間近で感じれる眺望は生活をより華やかなものにしてくれます。
大きな窓を設置して四季や夜景を楽しむというのも魅力的ですね。

窓は住宅をデザインします。
窓は現在、多くの機能があるだけでなくデザイン面においても色や形に豊富なバリエーションがあります。

窓のデザインは住宅のデザインの重要な一部となり、家の印象に大きく影響を及ぼします。
機能面だけでなく、デザイン面でも自慢できるような窓が良いですね。

最後にあげる役割は防犯です。
泥棒が家へ侵入する経路には窓が多くあげられます。
玄関は入念にセキュリティ対策をしているが、窓には玄関ほどセキュリティを意識できていないという方が多くいます。
そのため、窓の防犯性を高めることは大変重要だといえるでしょう。

光や風などを取り入れながらも泥棒に対策できる小さい窓やスリット窓など防犯性が高い窓をおすすめします。


□窓の種類

窓は、多くの種類が存在します。
ここからは、窓の種類をいくつか見ていきましょう。
まずは出窓についてです。

出窓とは、外壁から出っ張った窓のことを指します。
カフェやコワーキングスペースのカウンターにも使われるおしゃれな窓というイメージを持っている方が多いと思います。
ただし、それを住宅に使う場合は、冬場の防寒・断熱対策や夏場の日射熱の遮熱対策を考えましょう。

続いて掃き出し窓についてです。
掃き出し窓とは、リビングからバルコニーにつながる大きな引き戸式の窓です。
窓の最下部が床面に接しているので、簡単に窓から外に出れるのが特徴と言えるでしょう。

諸説ありますが、掃出し窓は昔、日本の住宅のお掃除に由来があると言われています。
昔の掃除といえばほうきですので、窓から部屋のほこりや塵を「掃出し」ていたことから、こう呼ばれるようになりました。

現在、掃き出し窓は多くの種類が存在しているため、昔から大きく進化した窓といえるでしょう。

天窓と呼ばれる窓も存在します。
屋根や天井に設置する窓で、トップライトとも呼ばれています。

採光の効率が良く、普通の壁に設ける窓の3倍の採光を確保できるのが天窓のメリットですが、夏場は日差しの厳しさがデメリットになります。


□窓の断熱性

ここからは、窓の断熱性にピックアップして解説していきます。
断熱性に優れた住宅を建てるために、断熱窓の性能はとても重要なポイントになります。

その理由は、窓は性能によっては断熱性を3倍にも変化させられるものだからです。
では、どのように断熱性を上げているのでしょうか。

窓の性能を左右するものとしてサッシ部分とガラス部分があげられます。
まず、サッシについて見ていきましょう。
そもそもサッシとは、ガラス窓に使う金属製の窓枠を指します。
現在、一般的に使用されているサッシはアルミ樹脂複合サッシというもので、熱が伝わりやすいアルミを樹脂がカバーしている形になっています。

また、値段は先ほどの複合サッシより高くなりますが、断熱性能が高いものでは樹脂サッシ、木製サッシというものもあります。

こちらはより断熱性に優れており、腐食しにくいのですが、紫外線には弱いため日当たりの良い場所は避けるようにしましょう。

これらの特徴を踏まえ、複合サッシ、樹脂サッシ、木製サッシのいずれかを選択するのがおすすめです。

ガラス面での性能も重要です。

昔はシングルガラスとよばれる1枚ガラスのものが主流でしたが、気密性が低く隙間風が入ってくるのが当たり前とされていました。
しかし、現在ではペアガラスが主流になっています。
さらに、断熱性能を高めたい場合はトリプルガラスがおすすめのタイプだと言えるでしょう。

これらサッシとガラスで住宅の断熱性は向上します。


□まとめ

今回は、窓の役割、窓の種類と断熱について解説しました。
賃貸をお考えの方はぜひ一度、当社にお問い合わせください。

ページトップへ