ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で賃貸をお探しの方必見!ウッドデッキについて解説!◆

◆伏見区で賃貸をお探しの方必見!ウッドデッキについて解説!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/10/03 06:00

伏見区で賃貸住宅をお探しの方はいませんか。
ウッドデッキにはたくさんの魅力が存在しますが、賃貸住宅だからと諦めがちな方が多いことでしょう。
しかし、物件探しの際に探してみると意外に見つかるかもしれません。
そこで今回は、ウッドデッキを設置できた際のメリット・デメリットを解説していきます。


□楽しみ方・メリット

ここからはウッドデッキの楽しみ方をいくつか紹介します。

まず、ウッドデッキはセカンドリビングとして利用できます。
ウッドデッキにテーブルや椅子を設置することで、家族がくつろげるセカンドリビングとして使用可能ですよ。
天気の良い日に朝食やブランチを楽しんだり、友達とティータイムを過ごしたりと、アレンジ次第でオリジナルの使い方が可能です。

愛煙家の方の中は、室内で喫煙できず、ベランダで喫煙する方も少なくありません。
ウッドデッキに灰皿を設置すれば、家族に気にすることなくゆっくりと自分の時間を過ごせるでしょう。

次に、ウッドデッキでパーティーをするのはどうでしょうか。

ウッドデッキで家族や友人とやるバーベキューパーティやティーパーティは、想像するだけでわくわくしますよね。
キャンプ場に行かなくてもバーベキューが楽しめるのは、ウッドデッキのメリットだと言えるでしょう。

ただし、庭でのバーベキューは、うるさくしたり夜遅くまで行っていると、近所から苦情が来るかもしれません。
マナーを守って、あまり大騒ぎしないように気をつけましょう。

ウッドデッキを子供の遊び場にするのもいいでしょう。
小さな子供がいる家庭はなかなか家を空けるのが難しいですよね。
しかしそんな家庭でも、ウッドデッキがあれば、自宅にいながら外で子供を遊ばせられます。

ウッドデッキは夏に子供用プールを出して遊ばせるのに、十分な広さを確保できます。
外にある立水栓を設置すれば、直接ホースを伸ばして、プールを設置できますよ。

天然木でつくられたウッドデッキなら、子供が裸足で歩いても熱くなりにくくて安心ですね。
同様にペットのいるご家庭なら、天気の良い日に、日向ぼっこさせることが可能です。

他に、ガーデニングテラスとして活用するのはどうでしょうか。
ウッドデッキでガーデニングをすると家の中より美しい風景を見れるでしょう。
また、緑が綺麗でおしゃれなウッドデッキは外からの家の印象も良くなりますよ。

他にも洗濯を干す場所として利用することも可能です。
ウッドデッキに洗濯物を干すスペースがあれば、室内からの移動も楽々ですよね。
毎日いちいち外に出て洗濯物を干すことは意外と大変ですよね。
負担を減らして、ゆったりと暮らすことができるのがウッドデッキのある生活です。
また、急な雨にもリビングから近いことの多いウッドデッキは対応しやすいといえるでしょう。

さらに、屋根を設置することで、長時間の外出やひと段落した後に仮眠をとるなど、さらに安心してウッドデッキに洗濯物を干しておけます。

目隠しとしても、ウッドデッキは効果を発揮します。
設置していない場合はしている場合に比べ、明らかに外から家が見いてしまいます。
そのため、怪しい人から家を見られないために、ウッドデッキを設置したという方もいらっしゃります。


□デメリット

続いてデメリットを見ていきましょう。
やはり一番のデメリットとしてあげられるのは、定期的にメンテナンスをする必要があることでしょう。
ウッドデッキは野外に放置されており、常に日光や雨の影響を受けてしまうような状況にあります。
木が水を吸収することによって、菌が繁殖してしまい、カビや腐食になるのです。
そのため、メンテナンスが面倒くさいと感じる方には、あまりおすすめできません。
特に、腐食が早く進む湿気の多い場所に設置する際は水に強い種類の天然木を選ぶことでメンテナンスの周期を遅らせることは可能です。

また、日光と雨の他に、風・雪にも対応する必要があります。
開放的な空間であるウッドデッキの周りには強風などを遮るための壁がありません。
そのため、台風など強い風を考慮しておく必要があり、積雪地区は、大量の雪が積もった場合、重さに耐えきれずに屋根が倒壊する可能性もあります。

お住いの自然環境を考慮し、それぞれに対応できるものかどうか相談するようにしましょう。

さらに、ウッドデッキをせっかく設置したのに置物になったしまっているという事例も多くありますので、ご注意ください。
ウッドデッキには先ほど説明した以外にも、多くのメリットが存在します。
あらかじめ、どのように使用するか考えておくことで、このような事態は防げるでしょう。

これらのメリット・デメリットをご理解いただき、ご検討いただければ、設置後のトラブルもほとんどないことでしょう。


□まとめ

今回は、ウッドデッキを設置できた際のメリット・デメリットを解説しました。
ウッドデッキについて、ご理解いただけましたでしょうか。
賃貸についてお悩みの方はぜひ一度、当社にご連絡ください。

ページトップへ