ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で一人暮らしを検討中の方へ!人気の間取りをご紹介!◆

◆伏見区で一人暮らしを検討中の方へ!人気の間取りをご紹介!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/10/17 06:00

長年一緒だった家族から自立し、自分だけの空間を手に入れる一人暮らしは憧れますよね。
ただ、数多くある物件から自分にぴったりの物件を見つけるのは、なかなか難しいと感じる方も多いでしょう。
そこで今回は、伏見区で一人暮らしを検討中の方に向けて、人気の間取りを解説していきます。


□一人暮らしに人気の間取りをご紹介!

一人暮らしの方に人気のある間取りをいくつかご紹介します。

まず、ワンルームについて見てみましょう。
ワンルームとは、キッチンスペースを含め1部屋に収まっている間取りのことを指し、1Rと記載される場合もあります。
1部屋に収まっている間取りであるため、玄関を開けてすぐ生活スペースがあります。
仕切りがなく開放感がある点は、とても良いですよね。

また、広さにもよりますが、基本的に格安の家賃で住めるのが特徴です。
一人暮らしを初めてする学生さんには、ぴったりの間取りかもしれませんね。

ただ、仕切りが無いためキッチンの悪臭が部屋全体に広がってしまうというデメリットもあります。
快適な暮らしをするためにも、しっかりと対策をしておく必要があります。

また、1部屋しか生活する場所が無いため、日当たりにも十分注意する必要があるでしょう。
というのも、日当たりの悪いところを選択してしまうと、常に薄暗い雰囲気を感じることになってしまうからです。
ワンルームは、とにかく家賃を抑えたい人や空間を広く使いたい人、部屋のレイアウトを楽しみたい人、自炊をあまりしない人におすすめと言えます。


続いて、1Kについて見ていきましょう。
1Kとは、居室とキッチンの間に仕切りがある間取りのことです。

ワンルームとの違いは、キッチンと居室との間にドアがあるかどうかです。
1Kはワンルームより少し高めに家賃が設定されていることが多いです。

そのため1Rか1Kかの選択は、仕切りをとるか家賃をとるかの選択となるでしょう。

1Kはキッチンと部屋が仕切られているため、先ほどデメリットとして紹介したキッチンの臭いに悩まされることがありません。
ただキッチン自体は、4.5畳未満になっていることが多いためかなり狭いです。

しかし、1Kも他の間取りと比べると家賃を抑えられる間取りであることは押さえておきましょう。

友達を誘ってわいわい夜通し話したい方には、少し部屋が広めの1Kがおすすめです。
少し広めであれば、来客があっても窮屈だと感じることはないでしょうし、ベッドに加え来客用のソファも用意できるでしょう。

また、1Kは水回りスペースと部屋の間にドアがあるため、友人が着替えたりシャワーを浴びたりする際も、気にすることなく貸せます。
値段は抑えたいけど部屋とキッチンは分けたい方や、自炊をよくする方におすすめの間取りです。

続いて1DKについて見ていきましょう。
1DKとは、1Kと比べてキッチンスペースが広くなっているため、寝る部屋と料理をする部屋を分けられる間取りです。
また、先ほど説明した間取りと比べて、自由にレイアウトしやすいのが特徴です。

メリットは、来客が来た際も寝室を隠せる点です。
家賃は抑えたいけど、プライベート空間はしっかり守りたい方にぴったりと言えるでしょう。


また、ワンルームや1Kでは大量の荷物を持ってきた場合、窮屈だと感じることが多いです。
しかし1DKであれば、大量の荷物を持ってきたとしても使いやすいです。
一人暮らしでも快適に過ごしたい方には、とてもおすすめの間取りです。

さらに、自炊をよくする方にもおすすめと言えるでしょう。
ただ、冷蔵庫などの家電を置く際は、サイズにご注意ください。
また、料理の熱や臭いがこもらないように、換気扇や扉や窓の位置をしっかり把握しておくことも重要です。
ただ、1DKは築年数が古いことが多いため、そこも考慮した上で選ぶようにしましょう。


最後に、1LDKについて見ていきましょう。
1LDKとは、リビング、ダイニング、キッチンそれぞれが8畳以上の広さを持っている間取りのことを指します。
大きく余裕をもってキッチンを使用したい方や、大人数の友達を家に呼びたい方にはおすすめの間取りです。

少し家賃が高くなってしまうことが欠点ですが、快適な一人暮らしを行えることは間違いないでしょう。
細かくレイアウトも決められるため、おしゃれな部屋にもできます。
部屋にこだわりがある方には、ぴったりの間取りですね。

また、部屋が広いことで収納スペースも十分に確保できるため、収納に困ることもありません。
1DKの時以上に、大量の荷物があったとしても対応できます。
収入に余裕のある方や広い家に住みたい方、荷物が多い方、在宅勤務の方におすすめです。


□まとめ

今回は、伏見区で一人暮らしを検討中の方に向けて、人気の間取りを解説しました。
それぞれの間取りの特徴を、ご理解いただけましたでしょうか。
当社では賃貸に関するご相談を、随時受け付けています。
この記事の内容に関わらず何か不明点がありましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ