ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆不動産売買の基礎知識はお持ちですか?伏見区の業者が解説します!◆

◆不動産売買の基礎知識はお持ちですか?伏見区の業者が解説します!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/12/05 06:00

伏見区在住の皆さん、不動産売買に関する基礎知識はお持ちですか。
不動産は金額の大きい資産です。
売るときも買うときも、基礎知識をお持ちであれば業者さんを通す場合も、ある程度自分でも取引状況を把握できるでしょう。
今回は不動産売買を行うのに必要な基礎知識についてご紹介します。

□不動産を売る場合について

不動産を売るときには、色々なことを把握しておくことでご自身が納得できる取引を行えるでしょう。
まずは、不動産を売るときに必要な基礎知識をご紹介します。

1つ目は、売り出し価格についてです。
売り出し価格は不動産の売却にあたって非常に重要なものになります。
高過ぎても買い手が見つからず、いつまでも売れ残ってしまいますし、安過ぎてもご自身の損になってしまうので避けたいですよね。

それでは、どのようにして適正な売却額を決めれば良いのでしょうか。
1つの方法としては、同じ地域の似たような物件の価格を調べると良いでしょう。
複数の他物件の価格を比較することで、平均値を把握できます。

この他にもマンションを売り出す場合は、売却予定の部屋が何階にあるのか、どちら向きの部屋なのかを確認して、それに見合った値段をつけると買い手が見つかりやすくなるでしょう。

2つ目は、売却スケジュールの立て方についてです。
売却のスケジュールを立てる際は、余裕を持った計画を立てる必要があります。
売却代金を元手に次の住居等を購入予定の方、仕事や学校の関係で引越しの時期が決まっている方は特に気を付けましょう。

物件にもよりますが、一般的に売りに出してから引き渡しを完了するまでに数ヶ月かかることがほとんどです。
価格交渉や買主の住宅ローンの申し込みの手続きを行うための期間も必要ですし、隣地境界線が決まっていない場合は、それを定めるためにも時間を要します。

これらの手続きそれぞれに時間がかかるので、売却スケジュールに十分な余裕を持たせることが大事になるでしょう。

3つ目は、税金などの諸経費にかかる額の計算についてです。
不動産を売る際には、仲介手数料や引越しのための費用、さらに測量代や契約書の印紙代も必要になります。

これらの大まかな合計を知っておくことが重要になるでしょう。
なぜなら、売却額からこれらの諸経費を差し引いて残った額が、不動産売却後に手元に残るお金であるからです。

さらに住宅ローンが残っている場合も注意が必要になるでしょう。
当該不動産の住宅ローンの完済がまだの場合は、売却前にまとめて返済する必要があります。
このような必要な出費をあらかじめ把握しておくと安心でしょう。

□不動産を買う場合について

不動産を買うときに、まず行うことは予算の決定です。
手持ちのお金のいくらを住居に充てられるのか、住宅ローンを組む場合はいくら借りるのか、そしてその返済プランなども考慮して予算を決めましょう。

住宅ローンを利用する場合はゆとりを持った返済計画を立てましょう。
将来起きることは予想出来ないし、返済に追われていては日々の幸福度に影響が出るからです。

次に、自身が希望するエリアと建物の種類を決めましょう。
お子様がいるなら学校からの距離が大事になるでしょうし、勤務先からも近い方が日々の生活が楽になります。

さらに、探す不動産がマンションなのか戸建てなのか、新築か中古かについても決めましょう。
エリアと物件の種類、そして予算が決まれば、かなり絞り込めるでしょう。
このようにすることで、比較的スムーズに不動産購入を行えます。

もう1つの絞り込み条件が、物件の広さと間取りです。
一人暮らしの場合はワンルームのマンションでも大丈夫ですが、お子様が複数いるご家庭だと戸建てを望まれる方も多くなってくるでしょう。
さらに今は子供が1人でも、将来的に家族のメンバーが増えるのであれば、それも見越した物件を購入する必要があります。

ご自身の今のニーズと将来のプランの両方を考慮して、ご自身に最適な物件を探してくださいね。

□不動産売買時の心構えについて

最後に不動産売買を行うにあたっての心構えについてです。

売るときは、自分の不動産に愛着を持ち過ぎないようにしましょう。
第三者的な目線を持って、市場に合った適切な売却額を設定することが大事です。
過剰な価格設定をしてしまい、いつまでも売れ残ってしまったら本末転倒です。

買うときは、慎重に吟味するところは時間をかけても決断は素早く行いましょう。
人気の物件はすぐに他の人に購入されてしまいます。
妥協できない部分などは譲ってはいけませんが、これだと思った物件があれば素早くアクションを起こすことを心がけてください。

□まとめ

今回は不動産売買の基礎知識をご紹介しました。
一般の方が不動産の売買を行うのは一生に数回でしょう。
回数は少ないですが重要な取引なので、これらの知識を知っておくことは大きなメリットになります。
この他にも不動産に関するご不明点等がございましたら、お気軽に当社までご連絡くださいね。

ページトップへ