ホーム  >  スタッフブログ  >  不動産豆知識  >  ◆伏見区で不動産売買をご検討中ですか?起こりうるトラブルとその対処法をご紹介します!◆

◆伏見区で不動産売買をご検討中ですか?起こりうるトラブルとその対処法をご紹介します!◆
カテゴリ:不動産豆知識  / 投稿日付:2020/12/12 06:00

伏見区の不動産をお探しの皆さん、不動産売買に関するトラブルについてご存知ですか。
不動産は値段が高いものであることもあって、売買時にトラブルが発生しやすいです。
出来るだけトラブルは避けて、スムーズに売買を行いたいですよね。
今回は、不動産売買におけるトラブルとその対処方法についてご紹介します。

□不動産売却時に起こりうるトラブルについて

不動産を売るときには様々なトラブルが起こりがちです。
そこで、不動産売却時に起こりがちなトラブルを確認していきましょう。

まずは契約解除時に起こるトラブルです。
中でも頻繁に起きるのが、手付金にまつわるものです。

買い手が何らかの理由で契約を破棄したいと申し出たとしましょう。
しかし、そのタイミングによっては手付金を放棄するだけではなく、違約金まで請求される場合があります。
さらに買い手が契約を解除するには、売り手が履行に着手していないことが条件となります。

それでは履行に着手するとは、具体的にどのような行動のことを指すのでしょうか。
過去に行われた裁判の判決によると、履行の着手とは「客観的に外部から認識できるような形で、契約の履行行為の一部をなしたこと、または履行の提供をするために欠くことのできない前提行為をしたこと」と定義されています。

例えば、売り手が売却予定地に賃貸物件を有しており、買い手が新たな建物を建てられるように、売却前にその建物を取り壊す契約をしていたとしましょう。

この場合、売主が既に建物を取り壊したあと、あるいは建物を取り壊す準備にかかった時点で、履行に着手したと判断されます。
こうなると買い手は手付金を放棄しても契約を解除できなくなります。
また、全額の支払いを終えて、建物の引き渡しが完了したあとも契約解除は出来ません。

また売り手も同様に、買い手が履行に着手していると契約の解除が不能になります。
売り手にとっても買い手にとっても、契約の解除は簡単に行えるものではありません。

いつでも解除できるからと思って契約を締結して、トラブルになるケースが多いです。
売り手も買い手も、契約の締結は慎重に行いましょう。

□トラブルを防ぐ方法について

上記でご紹介したケース以外にも、不動産の売買時に起こりうるトラブルの種類は多岐に渡ります。
それでは、少しでもそれらのトラブルを避けるにはどのような対処をすれば良いのでしょうか。

1つ目は、正しい知識を身につけることです。
媒介や仲介で不動産業者にお世話になることがあっても、自分自身である程度の基礎知識を身につけておくことも大事です。
そうすれば業者さんとの間でも良い緊張感が生まれますし、何か不可解な点があれば自分でも気付けます。
このように知識を得ておくことには、様々なメリットがあるでしょう。

これに加えて、売却の全てを業者さんに任せっぱなしにしないことも重要です。
重要な書類の内容は自分でも確認するようにして、不明点があれば業者さんに確認するようにしましょう。

2つ目は、重要事項を契約書によって書面化することです。
不動産業者を通す場合は、契約書の書面化は彼らの義務ですが、ご自身でも重要なことや変更点があるときは、全て書面に残すようにしましょう。
こうしておくことで、相手側にも自分が気をつけていることが伝わりますし、万が一トラブルが発生した際にも、証拠があれば解決しやすくなります。

3つ目は、優良な不動産業者を選ぶことです。
市場には数多くの不動産業者が存在しますが、その中からご自身が信頼でき、安心して依頼できるところを探しましょう。
質問をしたときにしっかり分かりやすく答えてくれるか、担当者の態度や話し方に不審点はないかなど、契約を結ぶ前に細かく確認してください。

□不動産トラブルにあったときについて

いくら気を付けていても、不動産トラブルに巻き込まれてしまうことがあるかもしれません。
そんなときに頼りになるのが、以下の相談窓口です。

1つ目は、消費生活センター・国民生活センターです。
ここでは消費生活に関する全般のトラブルに対応しており、苦情や相談に対応してくれます。
不動産関係だと売買時のトラブル以外にも、リフォームや引越し関係のトラブルの相談にも乗ってくれるので、頼もしい存在となるでしょう。

さらに、法テラスへの連絡も検討しましょう。
こちらは法律に関する相談を無料で行えます。
弁護士に相談したいが知り合いがいない、または相談費用が心配な方はまずはこちらに連絡することをおすすめします。
この他にも法律関係の相談がある場合は、司法書士総合相談センターへの連絡も検討してみてください。

□まとめ

今回は不動産売買におけるトラブルについてご紹介しました。
トラブルの種類と予防法、そして対処法の全てを知っておくとより安心して不動産取引に臨めるでしょう。
しかし、トラブルは起きないのが一番です。
上記の内容をもとに気をつけてくださいね。
この他にも、不動産関係のご相談等ございましたら当社にご連絡ください。

ページトップへ