ホーム  >  スタッフブログ  >  地域情報  >  京都の伏見区にあるおすすめなお花見スポットをご紹介いたします!

京都の伏見区にあるおすすめなお花見スポットをご紹介いたします!
カテゴリ:地域情報  / 投稿日付:2019/09/22 06:00

「京都の歴史や文化に興味があって、住んでみたい。」
「実際に伏見区にはどんなスポットがあるのだろう。」
このようなお悩みをお持ちの方は、たくさんいるのではないでしょうか。
実際に、伏見区にはお花見が有名なスポットがたくさんあるため、世界中からたくさんの方が観光しに来られます。
そこで今回は、京都の伏見区にあるおすすめのお花見スポットについてご紹介していきます。

□伏見稲荷大社
やはり、まずご紹介するのは、伏見区を代表するスポットである伏見稲荷大社です。
外国人に人気の観光スポットとして、昔から愛されている場所です。
京都の観光地として人気のこのスポットは、朱色の建物や鳥居が魅力溢れる名所であり、桜
が満開の時期には、伝統的な雰囲気漂う空間とともに、春の訪れを感じることができます。
アクセスは、JR奈良線「稲荷」駅より徒歩0分、または、京阪電車「伏見稲荷」駅より徒歩5分となります。
駐車場もございます。

□藤森神社
「勝ち運と馬の神社」として有名な藤森神社です。
中でも、あじさい祭りのような勝負ごとが栄えており、年中たくさんの観光客がお越しになります。
祭典で溢れている藤森神社ですが、花見の時期には満開の桜が一面に広がります。
そして、藤森神社には伏見の名水である「不二の水」が湧き出ております。
この不二の水付近にも桜が咲き、風情ある景色を楽しめるでしょう。
アクセスは、京阪「藤森」「墨染」駅より徒歩8分です。
駐車場もございます。

□墨染寺
桜寺と呼ばれているように、春の時期にはぜひ訪れていただきたい隠れた伏見の名所です。
墨染寺には、薄墨色をした墨染桜が境内の景色をピンク色に染め、花見に最適なスポットとしておすすめです。
満開のシーズンになると、小さなお寺の周辺に華やかな景色が演出されます。
上野峯雄が、藤原基経の死を歌にして詠んだところとしても有名で、京都の文化や歴史に興味がある方は、ぜひ一度その様子をご覧になっていただきたいです。
アクセスとしては、京都本線「墨染駅」より徒歩3分のところにあります。
拝観料は境内無料になります。
拝観時間は、7:00~17:00です。

□まとめ
今回は京都の伏見区にあるお花見スポットについてご紹介してきました。
京都には、日本の歴史や文化を知れるスポットがたくさんあります。
そのため、京都でしか味わえないことを中心に、お花見スポットをお探しになってはいかがでしょうか。
当社は上記以外のお花見スポットも提案いたしますので、興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

ページトップへ